編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ミラクル・リナックス、OSSの統合監視ツール「ZABBIX」最新版の正式サポートを提供

ZDNet Japan Staff

2009-09-03 18:52

 ミラクル・リナックスは9月3日、オープンソースの統合監視ソフトウェア「ZABBIX」の最新版となる「バージョン1.6」のサポートサービスを、2009年9月11日より開始すると発表した。

 ミラクル・リナックスによるZABBIXサポートサービスでは、ZABBIXサーバのインストールや監視設定に関する操作の案内に加え、障害発生時の各種ログ、ソースコードの解析といったサポートを提供している。

 同社では、これまで「ZABBIX 1.4.6」のサポートサービスを提供してきたが、今回、最新版の「ZABBIX 1.6」に対応した正式なサポートサービスをメニュー化して提供する。同バージョンの正式なサポートサービスの提供は、日本国内のベンダーとして初めてという。また、「ZABBIX 1.6」のサポート契約を結んだユーザーは、日本語対応の修正パッチを加えたミラクル・リナックス版の「ZABBIX 1.6」を入手できる。

 「ZABBIX 1.6」では、従来版と比較して、パフォーマンスの改善、管理インターフェースとしてのIPMIのサポート、データベース監視のサポートなど、さまざまな機能強化が行われている。新たに追加された「ZABBIXプロキシサーバ」を利用することにより、監視設定や監視データを一元管理し、監視サーバを容易に増設することが可能となった。この機能により、データセンタやクラウドコンピューティング環境など、多数のサーバやネットワーク機器を有するシステムの監視を、一元的に1台の監視マネージャから行えるという。

 ZABBIXサポートサービスの価格は、ZABBIXサーバ1台、監視対象20台までを含む基本パックの30万円/年より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]