編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

富士通とシマンテック、データ保護などで戦略的パートナーシップを強化

小山安博

2010-02-02 11:47

 富士通と米Symantecは2月2日、両社のグローバルな戦略的パートナーシップをさらに拡大することで基本合意したと発表した。今後、データ保護やストレージ管理、情報セキュリティなどの分野で統合ソリューションを提供していく。

 今回の基本合意に基づき、富士通はストレージシステム「ETERNUS」およびPCサーバ「PRIMERGY」を、Symantecはデータストレージ管理ソフトの「NetBackup」「Backup Exec」「Backup Exec System Recovery」「Storage Foundation」とセキュリティソリューション「Symantec Endpoint Protection」を、それぞれ組み合わせて提供する。さらに、両社の製品やサービスを組み合わせたソリューションを共同開発する。

 両社ではこれらのソリューションによって、データセンターの効率的な運用管理や既存のIT資産の有効活用が可能になるとしており、中堅から大企業までのコストダウンや情報活用、リスク管理などのニーズに応えていくことを目指す。

 今後は、ストレージやサーバ製品を提供する富士通と、それらの管理製品などを持つSymantecという両社の強みを生かし、グローバル市場向けの共同製品でビジネス拡大を推進していく意向だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]