情報漏洩予防で守るべき5カ条--RSAセキュリティ提唱

小山安博 2010年02月01日 19時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティは2月1日、企業の情報流出を予防するための「情報漏えいを防止する5カ条」をまとめた。2月2日の「情報セキュリティの日」に向けたもの。漏洩事件や事故を企業が予防するためのセキュリティ指標として、対策のヒントとするよう訴えている。

 RSAは、顧客情報の意図的な持ち出しやファイル共有ソフトによる漏洩、Gumblerによるウェブの脅威といった事件や事故が頻発する中、セキュリティ戦略に基づいた対策のPDCAサイクルを全社的に継続して実施することで危険を大幅に低減できると指摘。今回、情報セキュリティの日を前に情報漏洩事件や事故を予防するために守るべき以下の5カ条を提言した。

  1. 自社のビジネスに重要な情報が「何であるか」を知る
  2. 情報が「どこにあるか」を把握する
  3. 情報に対する「リスク」を知る
  4. リスクに対して「セキュリティ対策」を施す
  5. セキュリティ対策を継続的に「監視」する

 情報の優先順位を付け、データベースやアプリケーションのプロセス、USBメモリ、個人用PCなどの情報の漏洩経路を把握し、情報のリスクモデルを考え、重要なデータを優先的に多層防御を施し、定期的に見直して改善をする、といったセキュリティ戦略が必要だとしている。また、「長期にわたり無理なく維持できるセキュリティ対策こそ、健全な企業経営と情報の積極活用につながる」と主張しており、情報流出を予防するための対策の実施を求めている。

 情報セキュリティの日は、情報セキュリティの啓発を図るために政府が定めたもの。2010年は内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)ら政府機関が定めた「情報セキュリティ月間」として2月に関連行事やセミナーなど普及啓発を図るさまざまな施策が実施される予定になっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算