編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

シマンテック、DLP最新版--プラットフォームをオープン化、他社製品とも連携

小山安博

2010-02-08 19:08

 シマンテックは2月8日、情報漏洩防止(DLP)プラットフォームの最新版「Symantec Data Loss Prevention 10」の提供を開始すると発表した。プラットフォームをオープン化し、ほかのセキュリティ製品との連携が強化されている。

 Data Loss Preventionは、企業にある機密情報を検出、監視し、暗号化などで保護して漏洩を防止するためのソリューション。今回は新たに日本語にも対応し、日本特有のポリシーの提供が可能になっている。

 Data Loss Prevention 10に搭載される、新しい「FlexResponse」機能を使うことで、機密データを含むファイルに暗号化やERM(Enterprise Rights Management)などのポリシーを自動適用できる。複数のベンダーと提携することで幅広いオプションが提供され、マイクロソフトの「Active Directory Rights Management Services(ADRMS)」を使ってERMを適用することも可能だ。

 ほかのソリューションとの連携もサポートしており、たとえば機密情報をUSBドライブにコピーしようとした際に「Symantec Endpoint Protection」を呼び出して、USBメモリを使用不可にする、といったことができる。

 XMLとWebサービスへの対応も追加されており、セキュリティ管理コンソール「Symantec Control Compliance Suite」や他社製品を含むさまざまなソリューションへDLPデータを送信することも可能。SaaS型メールセキュリティソリューション「メッセージラボ ホステッドメールエンクリプション」などのユーザーであれば、ゲートウェイインフラを利用しなくても発信メールに含まれる機密情報の監視、保護に対応している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]