編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アドビがDownload Managerの重大なセキュリティホールを修正

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2010-02-24 18:01

 Adobe Systemsは米国時間2月23日、同社のDownload Managerに存在する重大な脆弱性を修正し、ハッカーにこの問題を悪用されると、Windowsを使っているコンピュータを完全に乗っ取られる可能性があると警告した。

 この脆弱性はAviv Raff氏が発見したもので、Adobeのアドバイザリによれば、これによってユーザーのシステムに不正なソフトウェアがダウンロードされ、インストールされる可能性がある。

 この脆弱性は(2010年2月23日以前の)Windows用のAdobe Download Managerに影響がある。

 Adobe Download Managerは、Windowsを使っているコンピュータにセキュリティパッチを配信するために使われているユーティリティで、1回だけ使われるようになっており、使用後は次にコンピュータが再起動された際に自分自身を削除するように設計されている。

 しかし、Adobeはユーザーに対し、脆弱性が存在する可能性があるバージョンのAdobe Download Managerが自分のコンピュータにインストールされていないことを確認するよう推奨している。

 Adobeのセキュリティアドバイザリには、次のような手順が掲載されている。

  • システム上に、C:\Program Files\NOS\フォルダとその中のファイル(「NOSファイル」)が存在しないことを確認する。(もしそのフォルダが存在する場合は、以下の手順に従って削除する)
  • [スタート] > [ファイル名を指定して実行]をクリックし、「services.msc」と入力する。その後、「getPlus(R) Helper」がサービスのリストに存在しないことを確認する。

 NOSファイルが見つかった場合は、次の手順に従うことで、Adobe Download Managerの問題を緩和することができる。

  • Adobe Download Managerをシステムから削除するには、[スタート] >[コントロール パネル] > [プログラムのアンインストール] > [Adobe Download Manager]を選択し、[アンインストール]を選択する。
  •  あるいは、

  • [スタート] > [ファイル名を指定して実行]をクリックし、「services.msc」と入力する。次に、サービスのリストから「getPlus(R) Helper」を削除する。
  • その後、C:\Program Files\NOS\ フォルダとその中身を削除する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]