編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

マイクロソフト、法人向け「Office 2010」を5月12日に発売へ--一般向けは6月

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部

2010-03-08 09:07

 Microsoftは米国時間3月5日、「Office 2010」の最終コードを4月に完成する予定であることを明らかにし、大方の予想どおり、今後「Office 2007」を購入するユーザーに新バージョンへの無償アップグレードを提供するプログラムを開始した。

 Microsoftは公式ブログの中で、5月12日に「Office 2010」の各製品を法人向けにリリースすると述べた。一般向け発売は6月になる予定だという。

 技術保証プログラムについては、3月5日から9月30日までの間にOffice 2007を購入したユーザーに適用され、対応するOffice 2010製品へのアップグレードが提供される、とMicrosoftは述べている。

 こうしたプログラムは珍しいものではないが、今回はMicrosoftの従業員が2月にプログラムの詳細を少しの間、公開してしまっていたため、驚きはさらに小さかった。Microsoftの最高財務責任者(CFO)であるPeter Klein氏は2日、金融アナリスト対し、同社が今の四半期から次の四半期にかけてアップグレードを計上するために売上高を繰り延べると述べ、技術保証プログラムの存在を認めた。

 Office 2007と異なり、Office 2010は外観の劇的な変化や新しいファイルフォーマットをもたらすものではないが、いくつかの変更が施されている。その中で最も重要なのは、ブラウザ内で機能する「Office Web」アプリケーションの追加だ。さらに、Officeの歴史上初めて、32ビット版と64ビット版の両方が提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]