編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ヴイエムウェア、仮想化ソフトを期間限定で半額に--中小への普及促進狙う

大川淳

2010-04-01 16:12

 ヴイエムウェアは4月1日、仮想化ソフトパッケージ「VMware vSphere Essentials」の価格を半額に引き下げる、期間限定のプロモーションを6月15日までパートナー企業各社と共同で展開すると発表した。中小規模企業への仮想化ソフト導入促進を狙う。

 今回、値下げされるvSphere Essentialsは、3台の物理サーバと統合管理サーバのライセンスを含むオールインワンパッケージ。小規模環境向けに設計されている。

 同社では「今回のプロモーションで信頼性の高いエンタープライズクラスの仮想化ソリューションを1CPUあたり、およそ1万円で導入できる」としており、「vSphere Essentialsを導入することで、数台から30台規模のサーバ統合を低コストで実現し、ハードウェアと運用コストを削減できる」という。

 同社は3月からvSphere Essentialsのリスト価格の引き下げを実施しているが、「国内パートナー各社の最終販売価格に反映されるには時間がかかる場合があり、4月1日以降にはほぼ適用されると見込んでいる」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]