編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立ヨーロッパ、KDDI系欧州企業とデータセンター高密度化で提携

大川淳

2010-04-01 17:50

 日立製作所の欧州現地法人Hitachi Europe(日立ヨーロッパ)とデータセンター事業者のTelehouse International Corporation of Europe(Telehouse Europe)は、データセンターの高密度化を推進するためのパートナーシップ契約を締結した。日立製作所が4月1日に発表した。

 今回の契約に基づき、Telehouse Europeは英ロンドンにある「TELEHOUSE LONDON Docklands Westデータセンタ」(Docklands Westデータセンタ)の一部を高密度実装化し、アウトソーシングサービス向けに活用する。

 日立は、Telehouse Europeとグループ会社の日立プラントテクノロジーで共同開発している、新たな冷却方式を採用した新型局所空調機など「モジュール型データセンタ」の発想を基盤とする機器をDocklands Westデータセンタに設置して運用、評価する。遠隔監視で各種データを収集し、効率化を図るとしている。

 Telehouse Europeは、KDDI系列の欧州のデータセンター事業者であり、英仏や南アフリカを中心に事業を展開している。Docklands Westデータセンタの高効率化でシステムの拡大に備えたIT機器の高密度実装を検討していた。そのニーズに日立のモジュール型データセンタの考え方や技術が適合することから今回、Docklands Westデータセンタを高密度化するためのパートナーシップ契約を締結している。

 日立グループは、データセンターの消費電力量を2013年3月末までに2007年度比で最大50%削減することを目標に、データセンター省電力化プロジェクト「CoolCenter50」を2007年から進めておりモジュール型データセンタを開発、日本国内では2009年1月から販売している。モジュール型データセンタは、局所空調機を効果的に配置することでIT機器と冷却機器を高密度に集積し、電力効率を飛躍的に高めているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]