「ZeeM 会計」最新版--IFRSへのコンバージェンス「資産除去債務」に対応

田中好伸(編集部) 2010年04月02日 20時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クレオは4月1日、会計システム「ZeeM 会計」の最新版を3月31日から出荷したことを発表した。国際会計基準(IFRS)への“コンバージェンス(収斂=しゅうれん)”の一環である「資産除去債務」対応機能を標準で搭載している。

 資産除去債務はこの4月以降に始まる事業年度に適用される。除去する可能性のある資産を保持する企業は、その資産を除去する費用を負債として計上する必要がある。除去する可能性のある資産の現在価値を負債に計上する割引計算と資産(資産価額)と債務(除去債務)にかかる両方の減価償却費を計算し、除去債務に必要な毎月の利息額を利息法で算出することが求められる。

 新版では、ユーザー企業からの要望を中心に30以上の機能を強化。経営戦略に必要となる財務情報を検索する機能や仕訳データ連携機能などを追加している。

 ZeeM 会計は従来から標準帳票のデータを出力する機能を搭載しているが、新版では伝票明細データや残高データを任意の条件で検索できるようになっており、データ活用の効率性が向上するとしている。

 仕訳データ連携機能では、ノンプログラミングで自動仕訳を設定できる。上流システムでの仕訳データ作成が不要となることから、煩雑なマスタメンテナンスがなくなり、月次の締め処理や決算処理などの業務効率化が図れるとしている。

 クレオは、2009年10月にZeeM 会計のIFRS対応の行程表(ロードマップ)を発表している。ロードマップでは今回の最新版で資産除去債務に対応するとともに、マネジメントアプローチを採用した「セグメント情報の開示」に対応するとしていたが、2009年11月の段階で前倒しでセグメント情報開示に対応している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算