ISID、Google App Engine向けOSS開発フレームワーク「Slim3」の商用サポートを開始

富永恭子(ロビンソン)

2010-04-07 18:02

 電通国際情報サービス(ISID)は4月7日、クラウド対応のオープンソースフレームワーク「Slim3」の商用サポートサービスを4月より開始すると発表した。

 Slim3は、Google App Engine for Java(GAE/J)上のアプリケーション開発を効率化するためのフレームワーク。GAE/Jの環境に最適化されており、GAE/J上のアプリケーションが最も有効に稼働するように作られているという。2004年にリリースされた「Seasar2」と同様、ISID社員である比嘉康雄氏がチーフコミッタとして開発したオープンソースソフトウェア(OSS)で、特定非営利活動法人Seasarファウンデーションが開発を支援している。

 同社によれば、GAE/Jで利用できる分散キーバリューストア型データベース「BigTable」は、データ量が急激に増加してもパフォーマンスが低下しないというメリットがある一方、検索時のフィルタリングやソートなどはRDBMSに比べて制限されており、その点がアプリケーション開発における制約になっていたという。これに対して、Slim3では、インメモリでフィルタリングやソートを行うことができ、BigTableの制約を大幅に回避できるという。また、複数のエンティティグループにまたがる一連のトランザクションの整合性を保つ「グローバル・トランザクション」と呼ばれる機能を持ち、企業の業務システムなどへの活用も容易になるとしている。

 今回、ISIDが開始する商用サポートサービスでは、Slim3に関する技術的な問い合わせへの回答を行うヘルプデスクの設置と不具合の調査、修正、修正版ソフトウェアの提供などを有料で行う。また、トレーニング、コンサルティング、ソフトウェアベンダー向けサポートも別途実施するという。

 Slim3商用サポートの年間サポートサービスの提供価格は、5インシデントで30万円から、20インシデントで60万円からとなる(質問1つにつき1インシデント、価格はいずれも税別)。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]