編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

グローバルに活躍するための4つのステップ--エリック松永の英語道場(47)

エリック松永

2010-04-16 08:00

 毎年この時期に新しいスーツを着た新社会人を見ると、はるか昔自分が新社会人だった時代を思い出します。文系出身のSEの卵だった私は、右も左もわからずに期待より大きな不安を抱えながら入社式を迎えました。仕事というのもがわからず、富士山のようにそびえたったやらなければいけないことに押しつぶされそうでした。

 当時の私は、とにかく世界で活躍したいという超ぼんやりとした目標しか持っていなかったので、悩みは尽きないもののあまり進展はなく、焦るばかりの日々でした。そんな私が米国の企業で働く機会に恵まれ、やりがいのある仕事ができるようになったのは、グローバルで活躍するということについて、どうすればいいのかを自分で考え、整理できたことがきっかけです。

 そこで今回は新社会人の方々に、エリック流のグローバルビジネスパーソンになるためのヒントをお話しします。

 まずはノートを用意して、ページの先頭に4つの項目を書いてください。その項目とは、

  • こうなりたいという自分のイメージ
  • イメージを達成するための課題
  • 具体的なアクションプラン
  • モチベーションの維持方法

 以上の4項目です。

Page 1: なりたい自分をイメージしよう

 まずは、なりたい自分のイメージです。これが一番大事です。本当に自分がこうなりたいと思っているのか確認する上でも、この作業が重要なのです。そもそも憧れというものは、誰かモデルになる人がいるはずです。天からのお告げで「グローバルで活躍しなさい」と言われる人はほとんどいないでしょう。

 私の場合は、ある大学の教授がそのモデルでした。自分がこうなりたいと思うイメージ(モデル)がはっきりとしてきたら、そのモデルのかっこいいと思う所を個条書きにしていくのです。例えば、

  • アメリカの有名コンサル会社で活躍していた
  • アメリカにヘッドハンティングされる前は、伝統的な日本企業で働いていた
  • 話が論理的で説得力がある
  • 経済の話に詳しい
  • 経営を論理的に実証するので、納得感がある
  • プレゼンがうまくて、かっこいい!

 など、とにかく思いつくことを書いていくのです。ここで箇条書きができないのであれば、もしかしたらそれは本当に自分のなりたいイメージではないかもしれません。本当になりたいイメージであれば、ワクワクしながら書けるはずですからね。

Page 2: 自分の課題は何なのか

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
経営

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]