外国人上司との「距離感」を考える--エリック松永の英語道場(33)

エリック松永 2009年09月25日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 What's up man?

 暑い夏も終わり。暑さに弱い私としては大歓迎なはずなのですが少し寂しい感じがします。私は本当に暑さに弱く、夏になるとみるみる弱っていきます(苦笑)。夏の電車で一番いらいらするのが、電車がそんなに混んでいないのに誰かが近くに立っている時です。

 「Personal Space」という言葉をご存知でしょうか? 人は、「Imaginary Wall」(みえない壁のようなもの)を誰もが持っていて、その壁を越えられることにより不快になったり幸せを感じたりと、感情に大きな影響を与えるといいます。Imaginary Wallに守られた自分の領域がPersonal Spaceです。難しい学問の世界の話をするつもりはありませんが、Imaginary wallは誰しも日常のいたる所で感じるのではないでしょうか。

Sexy イラスト: まつなが みか

 一般には国籍が違うとPersonal Spaceが違うといわれています。しかし実際には、私の電車の話のように、暑さや気分なども影響してくるので、アメリカ人なら何センチまでならOK、アラブ人は何センチまでOKといった単純な話ではないのです。

 欧米の外資系に勤める日本人の女性社員は、特にこのPersonal Spaceに不快感を抱く方が多いのか、かなり頻繁に相談を受けます。悩みの理由は簡単です。「欧米人はこういうカルチャーだから仕方ない」と我慢して、自分のPersonal Spaceを侵害されても許してしまう傾向があるため不快なのです。日本人の上司であればうまく対処できる人でも、欧米人の上司だとどうしていいのかわからない、そして何も言えないという人が多いのです。

物理的な距離感と精神的な距離感

 ここでは2つのPersonal Spaceに問題があります。1つは物理的な距離感の問題。つまり、話すときに妙に近いといったような話です。もう1つは精神的なPersonal Spaceの問題で、業務の範囲を超えた個人的なアプローチがある場合です。例えば、特に用事もないのに上司から個人的に食事やバーに誘われる。こうしたケースでは、たとえ物理的なPersonal Spaceが保たれたとしても不快に思う人がいるでしょう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算