富士通、サーバラック搭載に最適なレイヤ2スイッチ「SR-Xシリーズ」を販売開始

ZDNet Japan Staff

2010-04-20 13:21

 富士通は4月20日、サーバラックへの搭載に最適なレイヤ2スイッチ「SR-Xシリーズ」を同日より販売開始すると発表した。

 SR-Xシリーズは低消費電力設計により、すべての製品において省エネ法が定める省エネ性能が優れている機器の基準を満たしているという。装置内に内蔵したセンサによって消費電力が監視でき、測定した消費電力はSNMP(Simple Network Management Protocol、通信機器をネットワーク経由で監視および制御するためのプロトコル)によって採取できる。未使用ポートは消費電力を自動的に抑止する設計になっている。

 また、SR-Xシリーズはサーバと同じ方向のエアフローである前面吸気、後面排気に合わせた吸排気構造となっており、サーバラック内の熱流を同一方向に循環させることで、効率的に空気が冷却できるという。

 ケーブルを接続するインターフェースは、サーバラック内に搭載したサーバのケーブル接続インターフェースと同じ方向に設計し、ケーブル配置を容易にした。電源は、データセンターなどで多く利用されているAC200Vの工業用電源に標準対応している。

 SR-Xシリーズのラインアップは以下の通り。

ラインアップ

 それぞれの価格と出荷時期は以下の通りだ。

価格

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]