編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

日立情報と日立化成、従来比約28分の1の超小型金属対応RFIDタグを共同開発

富永恭子(ロビンソン)

2010-05-12 19:06

 日立情報システムズ(日立情報)と日立化成工業(日立化成)は5月12日、2.45GHz非接触ICチップを内蔵した超小型の金属対応RFIDタグ「金属対応小粒タグ」の開発に成功したと発表した。

 同タグのサイズは4mm×6mm×3mmとなっており、これまでの金属製タグと比べて約28分の1という大幅な小型化を実現した。これにより、小型工具への取り付けや金属部品への埋め込みが可能になっている。また、金属の凹部に埋め込むことも可能で、出荷する製品の内部にタグを埋め込むことで、保守や点検に利用できるなど、利用範囲が広がったとしている。

 日立情報では、金属製タグは耐久性に優れ、高電圧や衝撃などの負荷がかかる環境でも利用できることから、金属素材や屋外機器での活用を提案してきた。ユーザーからは、より小さな工具や金属部品に取り付けるため、さらに小さなタグ開発への要望が寄せられていたという。

 今後、日立化成は金属対応小粒タグの製造と販売を、日立情報は同タグを活用した物品の管理ソリューションを提供していく予定だ。2010年8月より、国内から本格的な販売を開始し、海外への展開も順次実施するという。2012年度には、年間100万個から200万個の需要創出を目指すとしている。

金属対応小粒タグ 日立情報と日立化成が新たに開発した「金属対応小粒タグ」(左下)。従来の「金属製タグ」(右上)と比較して約28分の1の小型化を実現した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]