グーグル、「Android 2.2」を発表--主要改良点は速度向上

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:編集部 2010年05月21日 08時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Googleは米国時間5月20日、同社の携帯電話OSの次期バージョン「Android 2.2」(開発コード名「Froyo」)の詳細を発表した。その機能リストのトップとして挙げられたのは、性能の向上である。

 Googleのエンジニアリング担当バイスプレジデントを務めるVic Gundotra氏は、同社のGoogle I/Oカンファレンスにおいて、Androidアプリケーションを実際に実行する基盤であるFroyoの仮想マシン「Dalvik」には、負荷の高いアプリケーションに対し、2〜5倍高速にソフトウェアを実行する新しい技術が搭載されていると述べた。

 特に、スマートフォンの役割がビデオ会議やゲームなどへと拡大していることに伴い、携帯電話に搭載される小型で電力重視のプロセッサにとって、速度は大きな課題である。これに加え、Androidブラウザも高速になっている。同ブラウザは、ウェブベースのJavaScriptプログラムを実行するために、Googleの「Chrome」に搭載されている「V8」エンジンを継承する。また、Froyoでは、タスクスイッチングの高速化に向けて、メモリ管理が改善されているとGoogleは述べた。

 機能リストには、「Microsoft Exchange」との統合性の向上、アプリケーションの検索とインストールのための「Android Market」の改善、電話をポータブルWi-Fiホットスポットとして利用する機能、アプリケーションを内蔵メモリではなくSDメモリカードにインストールする機能も挙げられている。

 Androidソフトウェア開発キットの技術責任者を務めるXavier Ducrohet氏は20日のブログ投稿で、「Android 2.2はまもなくリリースされる。一部の端末に対しては、数週間のうちにアップデートが提供される予定である」と述べた。「アプリケーション開発者は、直ちに新しいSDKおよびツールをダウンロードし、自分のアプリケーションをテストしてほしい」(Ducrohet氏)

 Androidは、Googleの全体的な戦略の中でも非常に重要な要素となっている。ネットワークに接続された、アプリケーションが豊富なスマートフォンの市場を拡大するだけでなく、数多くのGoogleサービス(広告は、それらの中でも重要なものである)に対する自然なモバイル接続を提供するからである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算