シトリックス、NetScaler新製品を発売:日本初提供の新ライセンスも

大川淳

2010-06-08 22:36

 シトリックス・システムズ・ジャパンは6月8日、ウェブアプリケーションを高速化するアプライアンス製品「Citrix NetScaler」ファミリーの最上位モデル、「Citrix NetScaler MPX 17500/19500/21500」の3機種の発売を発表した。あわせて最新OS「NetScaler 9.2」の提供開始も発表している。また、仮想アプライアンス「NetScaler VPX」も投入する。

下位モデルから容易にアップグレードできる「Pay-as-You-Grow」

的場謙一郎氏 的場謙一郎氏

 今回発表されたCitrix NetScaler MPX 17500/19500/21500は、CPUにインテル Xeon プロセッサーX5680を採用。1筐体に6コアのXeon2個と48Gバイトメモリを搭載することで処理性能を向上させており、NetScalerシリーズで最速の最大50Gbpsのスループットを実現させている。その一方で筐体は2Uサイズを実現。電源装置の最大出力は650Wと、省スペース、低消費電力であることが大きな特徴といえる。

 Citrix NetScaler MPX 17500のスループットは20Gbps、Citrix NetScaler MPX 19500は35Gbps、NetScaler MPX 21500は50Gbpsだが、ハード自体は同一。導入企業の状況が変化してトラフィックが増大するなど、処理能力不足が懸念される時点で、下位モデルから上位モデルへライセンスアップグレードできる「Pay-as-You-Grow」課金モデルを利用できるようになった。

 同社マーケティング本部 シニアプロダクトマーケティングマネージャーの的場謙一郎氏は、「製品のキーワードの1つは、Pay-as-You-Growだ。また、わずか2Uの筐体と低い消費電力で、これだけの性能を実現したことが大きなポイントだ」と強調する。

Citrix NetScalerの最新3モデル(クリックで拡大画像を表示) Citrix NetScalerの最新3モデル(クリックで拡大画像を表示)

一時的なパフォーマンスの増強に応える「Burst Packライセンス」

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]