編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

大阪ガス、「Oracle Exadata V2」採用--組織横断型データ活用を支援

富永恭子(ロビンソン)

2010-07-20 19:31

 大阪ガスは、全社共通のデータ活用基盤として「Oracle Exadata Version 2」を採用した。経営や各事業部の意思決定の迅速化、管理監督者やスタッフによるデータ活用力の強化、効率的なIT投資を実現するために構築したシステム。オージス総研と日本オラクルが7月20日に発表した。

 今回構築されたデータ活用基盤は、組織横断型のデータ活用を支援するため、各事業部が管理する過去の膨大なデータを一元的に管理する予定だ。

 Oracle Exadata V2は、OracleのソフトウェアとSun Microsystemsのハードウェアを組み合わせたストレージサーバ。従来ストレージが抱えていた制約を解消するため、超並列処理アーキテクチャを採用してデータベースサーバとストレージ間のデータ帯域を大幅に拡大しているという。

 大阪ガスの採用にあたっては、旧システムのOracle Database上で稼働するアプリケーションの改修が不要であることと、最新のOracle Database 11g Release 2を中核技術として採用していること、そして高性能およびスケーラビリティ性を実現できることが評価された。

 今後は、オージス総研のシステム構築支援と日本オラクルのコンサルティングサービスによるデータウェアハウスの設計支援のもとプロジェクトを推進する。オージス総研は、大阪ガスの大規模な顧客データベースなどの構築経験を活かして、全社規模での活用に適したデータウェアハウスの構築、データ活用業務プロセスの設計、データ活用基盤の利用促進を目的とした活動を支援するという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]