編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ウイングアーク、グローバル対応を強化した帳票基盤製品群の新バージョンを出荷開始

ZDNet Japan Staff

2010-08-05 11:13

 ウイングアーク テクノロジーズは8月4日、帳票基盤ソリューション「Super Visual Formade」(SVF)の新バージョン「SVF Ver9」の第1弾として開発系ツールの製品群を出荷開始した。

 SVF Ver9では、主に「グローバル対応」を主眼とした機能強化を図ったといい、従来の中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、チェコ語、フランス語、英語、日本語に加えて新たにタイ語に対応したほか、印刷データにフォントを埋め込む「フォント埋め込み出力(PostScript)」や、SVFサーバからプリンタにフォントをダウンロードして印刷する「フォントダウンロード(PCL5/PostScript)」機能により、該当のフォントを標準搭載していないプリンタから印刷することが可能になった。これにより、海外拠点などのプリンタ環境に依存することなく、必要な帳票を出力できるという。

 そのほか、世界流通標準化機関が標準化した新規格バーコード「GS1 DataBar」に対応したほか、サロゲートペア機能強化により、SVFの内部処理および出力によって、サロゲートペア領域の文字をそのままの文字コードで扱っての出力が可能という。

 これら以外にも、PDF帳票機能の強化、帳票フォーム設計の生産性向上、帳票印刷機能の改善など、多数の機能強化が行われている。

 SVF Ver9各製品の税別価格は、帳票設計ツール「SVFX-Designer」が50万円より。PDF帳票出力モジュール「SVF for PDF」が80万円より。帳票出力用Java実行モジュール「SVF for Java Print」のWindows、Linux版が60万円より、Unix版が120万円より。直接印刷を実行するためのサーバ用ソフトウェア「SVF for Web/Client」のWindows、Linux版が20万円より、Unix版が40万円より。TIFFファイルからPDFファイルに変換するコンバートツール「SVF for TIFF図面」が230万円。同社では第2弾として、9月に運用系ツール製品群の出荷を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]