編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

XenClientのSynchronizerでバックアップ環境を構築する

田中俊光

2010-08-06 17:09

 田中俊光氏がCitrix Systemsのクライアント仮想化ソフト「XenClient」を解説する本連載「XenClient入門」も最終回。今回は、サーバ上に仮想マシンのバックアップを保存する「Synchronizer」を説明する。これまでの解説は下記を参照してほしい。(編集部)

Synchronizerの動作環境と事前準備

 初回で説明したように、CitrixはXenClientの仮想マシン環境をサーバ上にバックアップするために「Synchronizer」というソフトを提供している。本ソフトを利用するには同社のサーバ向け仮想化ソフト「XenServer」が動作する環境が必要だ。また、XenServerの管理ツール「XenCenter」を使用するためにWindowsが動作するPCも必要となる。

Synchronizerを使用する場合のマシン構成例 Synchronizerを使用する場合のマシン構成例。導入手順は省略するが、XenServer、XenCenter共にCitrixのサイトから無償でダウンロード可能だ※クリックで拡大画像を表示

 サーバの準備ができたらXenClientのサイトからSynchronizerのZIPアーカイブファイルをダウンロードする。SynchronizerはXenServer用の仮想アプライアンス(設定済みの仮想マシンをファイル化して配布可能にしたもの)として配布されているので、XenCenterを動かしているPCでダウンロードするとよい。このアーカイブにはSynchronizerの仮想アプライアンスファイル(xvaファイル)に加え使用許諾契約書と管理者向けのマニュアル(PDFファイル)が含まれている。

Synchronizer for Citrix XenClient 「Synchronizer for Citrix XenClient」はXenClient本体と同様にCitrixのサイトからダウンロードできる※クリックで拡大画像を表示

Synchronizerのインストール

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]