編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

XenClientをインストールしてみよう

田中俊光

2010-07-23 09:00

 Citrix Systemsのクライアント向け仮想化ソフト「XenClient」についてお伝えしている本連載「XenClient入門」。今回はXenClientとゲストOSのインストールおよび基本的な使い方について説明する。ハードウェア制限が厳しいが、興味のある方はぜひ試してみてほしい。

事前準備

 前回説明したように、現在無償公開されているXenClient Express 1.0 RCがサポートするハードウェアは限られている。手持ちのPCにはインストールできなかったため、公式に動作が確認されている「DELL OptiPlex 780」を用意した。Intel Q45 Expressチップセットを搭載した第3世代のIntel vPro対応デスクトップPCだ。CPUはIntel Core 2 Duo E8500(3.16GHz)、メモリは4Gバイト搭載している。念のため最新BIOSに更新し、BIOS設定で「VT-x」と「VT-d」を有効化した。

 続いてXenClientのサイトからインストーラのisoイメージファイル(Citrix XenClient and Receiver for XenClient)をダウンロードする。これには仮想化ソフト本体(XenClient)と仮想マシンの管理を行うGUIツール(Receiver)が含まれる。ファイルサイズは213Mバイト程度。ダウンロードが完了したら適当なライティングツールを使ってCD-Rに焼いておく。なお、XenClientをインストールすると内蔵ハードディスクドライブの内容は全て消去されるので、必要なデータがある場合はバックアップを忘れないように注意してほしい。

Citrixのウェブサイトで「Try It」をクリックし、ユーザー情報を登録して「Citrix XenClient and Receiver for XenClient」(isoイメージファイル)をダウンロードする Citrixのウェブサイトで「Try It」をクリックし、ユーザー情報を登録して「Citrix XenClient and Receiver for XenClient」(isoイメージファイル)をダウンロードする
ダウンロードマネージャを使う場合は「Click to download your file now.」のリンクを、ISOファイルを直接ダウンロードする場合は下の「click here」のリンクをクリックする ダウンロードマネージャを使う場合は「Click to download your file now.」のリンクを、ISOファイルを直接ダウンロードする場合は下の「click here」のリンクをクリックする

XenClientのインストール

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]