編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

スカイアーク、安定性を向上したウェブCMS「MTCMS 5.22」を発売

ZDNet Japan Staff

2010-10-05 19:33

 スカイアークシステムは10月5日、ウェブサイト向けコンテンツ管理システム(CMS)の最新版「MTCMS 5.22」の提供を開始した。

 MTCMSは、シックス・アパートのウェブサイト管理ソフトウェア「Movable Type」のCMS機能を強化するプラグインソフトウェア。「Movable Type 5」へ完全対応し、その基本機能を活用しつつ、高機能WYSIWYGエディタ、データ一括登録、閲覧制限、承認ワークフロー、Microsoft Wordを使ったページ作成など、さまざまな補完機能を提供する。

 最新版の「MTCMS 5.22」では、 ワークフロー機能やステージングサーバ同期機能のユーザーインターフェースを改善したほか、ファイル転送信頼度の向上など、安定性の強化を図っている。また、旧バージョンではオプションとして設定されていた「携帯電話・問い合わせフォーム」を標準機能としてバンドルしている。

 MTCMS 5.22の通常ライセンス価格は84万円。

 なおスカイアークシステムでは同日から、同社製品を取り扱う法人または団体に向けた営業・開発支援プログラム「SKYARC Solution Partner(SSP)」を開始している。SSPの参加パートナーには、自社利用に限ったMTCMS 5ライセンスの無償提供、開発ドキュメント、カスタマイズマニュアル、提案素材などの提供を行うという。パートナープログラムへの登録費用は、年間10万5000円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]