編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

NECのITサービス事業戦略、成長のカギは「クラウド」と「グローバル」

大河原克行

2010-10-13 14:50

 NECは10月13日、同社におけるSIおよびクラウドサービスなどの「ITサービス事業」に関する取り組みについて説明を行った。

 NEC、取締役執行役員常務ITサービスビジネスユニット長の富山卓二氏は、今後の事業展開の基本方針として、「国内15万のお客様とのリレーションを生かした事業展開とともに、SIベースの業種ソリューションをサービス化し、グローバル事業の拡大を加速する」と述べた。

富山卓二氏 NEC、取締役執行役員常務ITサービスビジネスユニット長の富山卓二氏

 「コアとなるSI事業のさらなる強化とともに、ミッションクリティカルに強みを持つNECらしいクラウドサービス事業を拡大する。また、CODC(クラウド指向データセンター)を日本を含む5極で展開することでグローバルにクラウドサービスを提供。各地域のSI事業者、サービスプロバイダー、アプリケーションプロバイダーなどの有力パートナーとの連携を図る」(富山氏)

 NECのITサービスビジネスユニットは、同社にある7つのビジネスユニットのうちのひとつ。コンサルティングからシステム構築、運用・保守、アウトソーシングまでのITサービスを提供する。約3万7000人の社員と、国内29社、海外28社の体制となっており、2009年度の売上高は前年比7.2%減の8663億円、営業利益は2.7%増の532億円。2010年度は売上高で2.7%増の8900億円、営業利益は5.3%増の560億円、営業利益率8%を目指す。

 「2010年度予想では、全社売上高の27%、同営業利益の56%を占めることになり、全社の売り上げ、収益の柱となっている。だが、海外売上高比率は約1割、サービス事業比率は約3割。ここが競合他社と比べて弱い領域。今後の成長のドライバーは、海外事業、クラウドを中心としたサービス事業になる」(富山氏)とした。

事業目標 ITサービス事業において、2010年度は売上高で8900億円、営業利益で560億円、営業利益率8%を目指す

 2009年度のクラウドサービスの売り上げ実績は約100億円。これを2010年度には200億円に拡大させる。中期的な事業目標として、2012年度には年平均成長率8%増となる1兆1000億円を目指すことを示ししながら、「サービス売上高比率を約4割に拡大。今後3年間で海外事業で約1000億円、クラウド事業で約1000億円の売り上げ増を見込む。クラウドサービス事業は2012年度には1100億円の事業規模になる。さらに、サービスおよびグローバル事業の立ち上げに向けて1000億円の投資を予定している」などとした。1000億円の投資のなかには、データセンターのファシリティ投資、SaaSへの開発投資、CODC事業におけるジョイントベンチャーの設立費用、M&Aなどを含んでいるという。

 この1年で同社が特に力を入れているのがクラウドサービス事業の強化である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]