編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

ビットアイル、ブロケード、日本IBMが「Cloud ISLE」の次世代基盤を構築

ZDNet Japan Staff

2010-11-09 15:00

 ビットアイル、ブロケードコミュニケーションズ システムズ(ブロケード)、日本IBMの3社は11月9日、3社協力のもと、ビットアイルが「Cloud ISLE」ブランドで展開するクラウドコンピューティングサービスの次世代統合サービス基盤を構築したと発表した。

 ビットアイルでは、クラウドコンピューティングの利用規模拡大に伴い、データI/Oやネットワークのボトルネックなどが引き起こすパフォーマンス低下や安定性低下などの問題に抜本的に対処するため、最新のサーバ、ストレージ、ネットワーク機器を導入。次世代サービス基盤を構築したという。

 サーバファームには、IBMの最新x86サーバ「IBM System x」シリーズをベースに、仮想リソースプールと物理リソースプールを構築。システム要件に最適なサーバリソースの選択、組み合わせを提供できる環境を整えた。ストレージファームでは「IBM SANボリュームコントローラー」を用いたストレージ仮想化と、大容量キャッシュの効率的な利用によってパフォーマンスを極限まで高めることによって、データI/Oのボトルネックを解消したという。また、冗長構成をとることで、信頼性、堅牢性、可用性を確保したとしている。

 ネットワークファームにおいては、広帯域のインターネット接続回線と、ファイアウォール機能、ロードバランサ機能を標準提供することで、高度なネットワーク機能要件と大量のアクセストラフィックに対応する。加えて、一般的なクラウド基盤でシステム性能のボトルネックとなるサーバ間通信を「Brocade 8000」による10Gbpsイーサネット化により高速化した。ファイバチャネル・オーバー・イーサネット(FCoE)技術によりファイバチャネルの信頼性と性能を維持しつつ、IPネットワークとストレージネットワークを統合し、シンプルな構成で拡張性と運用効率化を実現したという。

 ビットアイルは、この新基盤と従来のデータセンターサービスをもとに、ユーザーが求めるインフラ要件に対応する多様な選択肢を持つサービスを提供できるという。ブロケードと日本IBMは、新基盤の設計、構築にあたり、製品の提供に加えて、技術情報や各種検証の後方支援などを提供するほか、今後の運用においても技術的なサポートを提供していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]