編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ビットアイル、ブロケード、日本IBMが「Cloud ISLE」の次世代基盤を構築

ZDNet Japan Staff

2010-11-09 15:00

 ビットアイル、ブロケードコミュニケーションズ システムズ(ブロケード)、日本IBMの3社は11月9日、3社協力のもと、ビットアイルが「Cloud ISLE」ブランドで展開するクラウドコンピューティングサービスの次世代統合サービス基盤を構築したと発表した。

 ビットアイルでは、クラウドコンピューティングの利用規模拡大に伴い、データI/Oやネットワークのボトルネックなどが引き起こすパフォーマンス低下や安定性低下などの問題に抜本的に対処するため、最新のサーバ、ストレージ、ネットワーク機器を導入。次世代サービス基盤を構築したという。

 サーバファームには、IBMの最新x86サーバ「IBM System x」シリーズをベースに、仮想リソースプールと物理リソースプールを構築。システム要件に最適なサーバリソースの選択、組み合わせを提供できる環境を整えた。ストレージファームでは「IBM SANボリュームコントローラー」を用いたストレージ仮想化と、大容量キャッシュの効率的な利用によってパフォーマンスを極限まで高めることによって、データI/Oのボトルネックを解消したという。また、冗長構成をとることで、信頼性、堅牢性、可用性を確保したとしている。

 ネットワークファームにおいては、広帯域のインターネット接続回線と、ファイアウォール機能、ロードバランサ機能を標準提供することで、高度なネットワーク機能要件と大量のアクセストラフィックに対応する。加えて、一般的なクラウド基盤でシステム性能のボトルネックとなるサーバ間通信を「Brocade 8000」による10Gbpsイーサネット化により高速化した。ファイバチャネル・オーバー・イーサネット(FCoE)技術によりファイバチャネルの信頼性と性能を維持しつつ、IPネットワークとストレージネットワークを統合し、シンプルな構成で拡張性と運用効率化を実現したという。

 ビットアイルは、この新基盤と従来のデータセンターサービスをもとに、ユーザーが求めるインフラ要件に対応する多様な選択肢を持つサービスを提供できるという。ブロケードと日本IBMは、新基盤の設計、構築にあたり、製品の提供に加えて、技術情報や各種検証の後方支援などを提供するほか、今後の運用においても技術的なサポートを提供していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]