編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

セールスフォース、情報共有ツールChatterの無料版「Chatter Free」を発表

藤本京子(編集部)

2010-12-08 07:25

 米Salesforce.comは12月7日(米国時間)、同社主催の年次イベント「Dreamforce '10」にて、コラボレーションツール「Salesforce Chatter」の無料版となる「Chatter Free」を発表した。

Benioff氏 基調講演の中でBenioff氏は、舞台を降りて観客に語りかけることもあった

 Chatter Freeについて、米Salesforce.com CEOのMarc Benioff氏は「Salesforce.comは、営業部門など社内の一部の部署のみで使われることが多いが、全社でChatterを使うにはどうすればいいのか、といった問い合わせをよく受けるようになった。われわれとしてもChatterをより多くの人に使ってもらいたいため、Chatter Freeを提供することにした」と述べた。

 Chatter Freeは、有料版Salesforce.comを利用しているユーザーが社内の非Salesforceユーザーにインビテーションを送ることで使用可能となるものだ。これまでSalesforceを利用していないユーザーがChatterのみを利用するには、Chatter Editionを購入する必要があった。

 Chatter Freeのユーザーは、つぶやきの書き込みや閲覧などの基本的なChatterの機能はもちろんのこと、グループ機能やフィルタ機能、モバイルデバイスでChatterが利用できるChatter Mobile、デスクトップ上にフィードが送られてくるChatter Desktopなども利用可能だ。

 一方Chatter Freeでは、個々のアカウントに関する情報をフォローすることや、ダッシュボード、カレンダー、カスタムオブジェクト、Chatter APIなどの利用は制限されている。これらの機能も利用したい場合は、月額15ドルのChatter Plusを購入する必要がある。

 なお、2011年2月には、Salesforce.comのユーザー企業以外でもChatterが利用できるよう、無料の「Chatter.com」をリリースする予定だという。Benioff氏は、「Chatterの評価は非常に高い。Salesforce.comを利用していなくても、ぜひChatterを情報共有ツールとして利用してほしい」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]