セールスフォース、情報共有ツールChatterの無料版「Chatter Free」を発表

藤本京子(編集部) 2010年12月08日 07時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Salesforce.comは12月7日(米国時間)、同社主催の年次イベント「Dreamforce '10」にて、コラボレーションツール「Salesforce Chatter」の無料版となる「Chatter Free」を発表した。

Benioff氏 基調講演の中でBenioff氏は、舞台を降りて観客に語りかけることもあった

 Chatter Freeについて、米Salesforce.com CEOのMarc Benioff氏は「Salesforce.comは、営業部門など社内の一部の部署のみで使われることが多いが、全社でChatterを使うにはどうすればいいのか、といった問い合わせをよく受けるようになった。われわれとしてもChatterをより多くの人に使ってもらいたいため、Chatter Freeを提供することにした」と述べた。

 Chatter Freeは、有料版Salesforce.comを利用しているユーザーが社内の非Salesforceユーザーにインビテーションを送ることで使用可能となるものだ。これまでSalesforceを利用していないユーザーがChatterのみを利用するには、Chatter Editionを購入する必要があった。

 Chatter Freeのユーザーは、つぶやきの書き込みや閲覧などの基本的なChatterの機能はもちろんのこと、グループ機能やフィルタ機能、モバイルデバイスでChatterが利用できるChatter Mobile、デスクトップ上にフィードが送られてくるChatter Desktopなども利用可能だ。

 一方Chatter Freeでは、個々のアカウントに関する情報をフォローすることや、ダッシュボード、カレンダー、カスタムオブジェクト、Chatter APIなどの利用は制限されている。これらの機能も利用したい場合は、月額15ドルのChatter Plusを購入する必要がある。

 なお、2011年2月には、Salesforce.comのユーザー企業以外でもChatterが利用できるよう、無料の「Chatter.com」をリリースする予定だという。Benioff氏は、「Chatterの評価は非常に高い。Salesforce.comを利用していなくても、ぜひChatterを情報共有ツールとして利用してほしい」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算