編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セールスフォース、情報共有ツールChatterの無料版「Chatter Free」を発表

藤本京子(編集部)

2010-12-08 07:25

 米Salesforce.comは12月7日(米国時間)、同社主催の年次イベント「Dreamforce '10」にて、コラボレーションツール「Salesforce Chatter」の無料版となる「Chatter Free」を発表した。

Benioff氏 基調講演の中でBenioff氏は、舞台を降りて観客に語りかけることもあった

 Chatter Freeについて、米Salesforce.com CEOのMarc Benioff氏は「Salesforce.comは、営業部門など社内の一部の部署のみで使われることが多いが、全社でChatterを使うにはどうすればいいのか、といった問い合わせをよく受けるようになった。われわれとしてもChatterをより多くの人に使ってもらいたいため、Chatter Freeを提供することにした」と述べた。

 Chatter Freeは、有料版Salesforce.comを利用しているユーザーが社内の非Salesforceユーザーにインビテーションを送ることで使用可能となるものだ。これまでSalesforceを利用していないユーザーがChatterのみを利用するには、Chatter Editionを購入する必要があった。

 Chatter Freeのユーザーは、つぶやきの書き込みや閲覧などの基本的なChatterの機能はもちろんのこと、グループ機能やフィルタ機能、モバイルデバイスでChatterが利用できるChatter Mobile、デスクトップ上にフィードが送られてくるChatter Desktopなども利用可能だ。

 一方Chatter Freeでは、個々のアカウントに関する情報をフォローすることや、ダッシュボード、カレンダー、カスタムオブジェクト、Chatter APIなどの利用は制限されている。これらの機能も利用したい場合は、月額15ドルのChatter Plusを購入する必要がある。

 なお、2011年2月には、Salesforce.comのユーザー企業以外でもChatterが利用できるよう、無料の「Chatter.com」をリリースする予定だという。Benioff氏は、「Chatterの評価は非常に高い。Salesforce.comを利用していなくても、ぜひChatterを情報共有ツールとして利用してほしい」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]