編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

WikiLeaks事件をどう考えるか--世界の読者に一斉調査 - 2/5

文:Tom Espiner(ZDNet UK) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-12-28 08:00

 ZDNet UKは英国時間12月14日より、48時間にわたって読者調査を実施した。これに併せて世界各国のZDNetサイトでも同様の調査が行われ、世界のZDNet読者から合計で1万1329件の回答を得た。  英国では、4分の3の読者がWikiLeaksによる機密文書の公開を支持しており、公開された文書は有益だと答えている。WikiLeaksは現在、膨大な数の米国外交公電を公開しているところで、10月にはイラク戦争に関連する文書を公開した。  機密文書の公開を支持する米国のZDNet読者は半数程度で、59%が公開文書を有益だとしている。  欧州、中国、オーストラリアのZDNet読者の間では、WikiLeaksの機密文書公開を支持する声が圧倒的に強い。ドイツでは88%の読者が公開を支持した。フランスで同様の回答をした読者は77%だった。両国では公開された文書を有益だと感じている読者の割合が高い。また中国では、73%の読者がリークされた文書を公開したWikiLeaksの判断は正しかったと考えている。オーストラリアでも、84%の読者が同じ回答をした。
 ZDNet UKの読者は、WikiLeaksには情報を開示したいという動機と政治的な動機の両方があったと考えている。WikiLeaksの編集者Julian Assange氏は、性的暴行容疑の取り調べのためにスウェーデンへの身柄引き渡しを求められているが、自身の活動を続けると誓った。

 アジアでは、83%以上のZDNet読者がWikiLeaksには情報を伝えたいという動機があったと答えたが、WikiLeaksが政治的な動機によって動いていたと考える読者は28%に留まった。対照的に、米国では62%の読者がWikiLeaksは政治的な動機を持っていると回答した。中国で同様の回答をした読者の割合は61%だった。

 ZDNet UKの読者は、WikiLeaksには情報を開示したいという動機と政治的な動機の両方があったと考えている。WikiLeaksの編集者Julian Assange氏は、性的暴行容疑の取り調べのためにスウェーデンへの身柄引き渡しを求められているが、自身の活動を続けると誓った。

 アジアでは、83%以上のZDNet読者がWikiLeaksには情報を伝えたいという動機があったと答えたが、WikiLeaksが政治的な動機によって動いていたと考える読者は28%に留まった。対照的に、米国では62%の読者がWikiLeaksは政治的な動機を持っていると回答した。中国で同様の回答をした読者の割合は61%だった。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]