編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本IBM、イプシロンロケットの開発プロセス管理システムを開発

ZDNet Japan Staff

2010-12-27 12:26

 日本IBMは12月27日、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2013年以降の打ち上げを予定している次期固体燃料ロケット(イプシロンロケット)の設計開発を支援する「イプシロンロケット開発プロセス管理システム」の開発に参画したと発表した。2011年3月末の稼働開始が予定されている。

 イプシロンロケット開発プロセス管理システムは、ロケットの開発にあたって複数企業間で共有される技術情報を体系的に蓄積、利用することを目的としたもの。SOA(サービス指向アーキテクチャ)技術を用いた環境でシステム構築をしており、設計支援企業が保有するPLMソフトウェア(Product Lifecycle Management)によらず、技術情報の共有が可能になるという。これにより、柔軟かつ効率的なロケット開発を支援できるとしている。

 また、従来、個別の開発者に蓄積されていたロケット開発の知識や経験をシステムとして蓄積できるようになるため、過去の投資を活用して効率良い開発体制を作ることにより、設計品質の向上や開発の効率化を実現できるとする。

 同プロセス管理システムには、日本IBMのSOAを基盤としたモノづくりにおけるプロセスや情報を統合するアーキテクチャである「PDIF(Product Development Integration Framework)」が活用されている。これは、PLMシステム固有のデータを業界標準フォーマットで使用できるよう変換する役割を担っているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]