凸版、全グループ企業が活用するクラウド環境構築へ--グループ経営強化

ZDNet Japan Staff 2010年11月17日 16時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 凸版印刷は、160社を超える凸版印刷グループがクラウド環境でITシステムを共有する「グループ・シェアード・サービス」を構築している。9月よりシステム構築を初めており、2011年4月までに、IBMのサーバおよびストレージ製品を活用してインフラを仮想化統合するという。日本IBMが11月17日に発表した。

 凸版印刷では、2005年からグループの基幹業務プロセスを共通化する取り組みである「BIT21(Business Innovation for Toppan Vision21)」を進めている。プロセスの共通化が完了したため、今回、グループの基幹業務を統合し、シェアードサービスとして展開することを目的としてクラウド環境の構築を開始したという。基幹業務の基盤をグループ全体で共有することで、標準化された業務によるグループ全体での事業の推進や、進捗および損益管理のさらなる可視化を図り、グループ経営を強化するとしている。

 グループ・シェアード・サービス実現の第1ステップとして、グループ各社で分散保有しているサーバとストレージを仮想化技術で統合する。

 サーバについては、データベースを中心としたUnixサーバ25台とオフコン4台の計29台を汎用プロセッサ「POWER7」搭載の「IBM Power 770」2台に統合し、Unixとオフコンの両環境を稼働させるという。これにより、運用コストを約35%削減できるだけでなく、資源を柔軟に配分できるようになるため、業務の繁忙期に対する対応や新規業務の追加が容易になるとしている。

 ストレージは、異機種混合のストレージ環境を一元管理するストレージ仮想化製品「IBM System Storage SANボリューム・コントローラー」を活用して統合する。これにより、データ格納領域を単一イメージとして把握でき、運用の効率化やストレージ使用率の向上が期待できるとしている。

 凸版印刷では、今後、約300台のサーバを「IBM Power 770」とx86ブレードサーバを活用して統合し、サーバ台数を半減させる計画という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]