クラウド環境におけるセキュリティ課題とは

福井順一(トレンドマイクロ) 2011年02月23日 12時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本稿では、企業システムの仮想化やクラウド化を進める中で起こりうるセキュリティの課題を紹介するとともに、その課題を解決する「Trend Micro Deep Security」の概要を技術的な視点から解説していく。

企業に混在する“物理、仮想、クラウド環境”

 IT業界で現在、最も注目を集めるキーワードのひとつに「クラウド」がある。多くのサービス事業者からクラウドを冠した多種多様なサービスが提供され、日本国内でも企業のIT環境におけるクラウド化が実用期に入りつつあるのが現状であろう。しかし、クラウド化と一言で言っても、さまざまなサービス形態が存在する。IaaS、PaaS、SaaS、そして2011年にサービス事業者がこぞって準備を進めているのがDaaSである。

 企業がIT環境の仮想化、クラウドサービスの導入を考えた場合、現在企業にあるすべての物理環境が一斉に仮想化やクラウド化するのではなく、徐々に移り変わっていくことが想定される。その移行途中では物理サーバ、仮想サーバ、クラウドサービスが混在した状態での運用が発生する。第1回では、このような環境下でのセキュリティ課題を考察する。

(1)乱立する仮想マシン、管理できない仮想サーバ

 まず初めのステップとして物理サーバと仮想サーバを運用した場合を考えてみたい。企業が仮想化を進める目的として、サーバ集約に伴うコスト削減、サーバリソースの効率的な利用、プロビジョニングの簡素化・迅速化などが挙げられる。しかし、こういった恩恵の背景にはいくつかのセキュリティ課題が隠されている。例えば、仮想サーバが乱立することにより管理できない仮想サーバが発生するリスクである。

 なぜこういったことが起こりえるかというと、仮想環境ではマシンを新規を作成する際、マスタイメージからクローンを作成するだけなので、数分の操作で完了する。これまで敷居が高かったサーバの増設が簡単に行えるようになった結果、サーバの管理が行き届かなくなる可能性がある。物理サーバの場合は、ハードウェアとその上位(OS、アプリケーション)の管理者が紐づいているケースが多いが、仮想化の場合は、仮想化プラットフォームとその上位(仮想マシン)の管理者が分かれるケースも想定される。

 その結果、プラットフォームの管理者にとって不明なゲストOSが発生する可能性がある。管理者が不明・不在なゲストOSは当然セキュリティパッチの適用や、ウイルス対策ソフトのアップデートなどはユーザー任せとなり、危険な状態でネットワークに曝されているかもしれない。

図1 図1:乱立する仮想マシン、管理できない仮想サーバ

(2)仮想マシン間での攻撃・被害、マルチテナント

 次に、考えられるリスクは仮想マシン間での攻撃・被害である。物理サーバ環境の場合、部署ごとにセキュリティポリシーを保つ場合、サーバのセグメント分けをし、それぞれのセグメントの間にネットワーク型のセキュリティ対策製品を置くことで、セキュリティを担保していた。

 仮想化環境では、ハイパーバイザ層が加わることにより新たに仮想化ネットワークが発生する。ひとつのプラットフォーム(ハードウェア)上で複数の仮想サーバを稼働するということは、外のネットワークに出ることなく、ハイパーバイザ層を通ることで同一のプラットフォーム上の仮想サーバへの接続が容易となる。例えるならば、植木鉢とプランタの関係と言えよう。植木鉢がハードウェアで、土がOS、花がアプリケーションとしよう。仮想化に移行するということは、複数の植木鉢を1つのプランタに植えかえることである。

 個々の植木鉢のメンテナンス(水を上げたり、害虫を駆除したり)する作業が、1つのプランタにまとまることでメンテナンス効率は上がる。しかし、例えば1つの植木鉢の土に害虫が入っていたとしよう。その植木鉢の土や花をプランタに移した場合、ほかの植木鉢から来た土や花にまで害虫が簡単に移動してしまう。そのため、外見1つのプランタに複数の花が咲いていたとしても、根や土の部分をわけることが1株の花にとってはセキュアなのである。

図2 図2:仮想マシン間での攻撃・被害

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]