編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

知る価値のある無名Linuxディストリビューション10選

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2011-03-16 08:00

 Linuxには、恐ろしく多くの種類がある。もちろん、それらのディストリビューションのいくつかは、他のものよりも価値が高い。しかし、UbuntuやFedora、Linux Mint、PCLinuxOS、OpenSUSEやその亜種のほかに、どんなディストリビューションを知っておくべきだろうか。信じられないかも知れないが、知っておく価値のあるディストリビューションは、有名なもの以外にもある。無名のディストリビューションの中にも、見るべきものは数多く存在するのだ。この記事では、読者の生活に何らかのプラス効果を与えるかもしれない、あまり知名度が高くないLinuxディストリビューションを紹介しよう。

1.Damn Vulnerable Linux

 Damn Vulnerable Linux(おそろしく脆弱なLinux)は、その名前通りのものだ。公式ウェブサイトには、「Damn Vulnerable Linuxは、あらゆる点で、よいLinuxディストリビューションではない。開発者はこのディストリビューションに、問題のあるソフトウェア、あるいは設定が間違っているソフトウェア、古いソフトウェア、弱点のあるソフトウェアを詰め込み、攻撃に対する脆弱性を持たせている」とある。このようなディストリビューションに、どんな価値があるのだろうか?それは、訓練だ。このディストリビューションは、Linux管理者のトレーニングのために作られている。問題のあるディストリビューションを渡して直させることほど、Linux管理者にとってよい訓練はない。このディストリビューションには古い、あるいは問題のあるバージョンのApache、MySQL、PHP、FTP、SSHが詰め込まれており、十分な訓練ができるはずだ。

2.CAINE Linux

 CAINE Linuxは、ニッチなLinuxディストリビューションの中でも、もっとも気の利いたものの1つだろう。CAINEは「Computer Aided INvestigative Environment」(コンピュータ支援捜査環境)の略だ。基本的に、CAINE Linuxはデジタルフォレンジックのために作られたCIS Linuxである。このディストリビューションには、TheSleuthKitAutopsy Forensic Browser、ステガノグラフィー用ツール、ハードディスク消去用ツールなどが含まれている。このディストリビューションにはまた、デジタルフォレンジック調査の報告書を作成するための、半自動ツールも入っている。

3.Zeroshell

 Zeroshellは、組み込みシステム用の、特にネットワーク機器に使うことを目的とした、興味深いLinuxディストリビューションだ。このLinuxはウェブインターフェースから管理するようになっており、LANに必要なすべてのネットワークサービスを提供することができる。Zeroshellがあれば、Failover、RADIUS、Captive Portal、QoS管理、HTTPプロキシ、無線アクセスポイント、ホストLAN間VPS、LAN間VPS、静的あるいは動的IPアドレスによるルーティングなどを提供できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]