編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

みなと銀行、フィッシング対策にRSA FraudAction採用

ZDNet Japan Staff

2011-04-04 18:53

 EMCジャパンは4月4日、兵庫県神戸市に本店を置く「みなと銀行」が、フィッシング詐欺対策の強化策として、フィッシングサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する「RSA FraudAction」を4月1日に導入したと発表した。RSA FraudActionは、NTTデータのインターネットバンキングサービスである「ANSER-WEB」のオプションサービスとして提供されている。

 EMCジャパンによれば、フィッシング詐欺は、巧妙さと悪質さが増しており、特にサービス利用者自身が騙されていることに気づかないような詐欺も出てきているという。例としては、顧客満足度を測るインターネット調査を装い、回答者には報酬を提供するとして協力者を募集し、回答入力後に報酬の振込先として金融機関の口座情報を入力させる手口も登場している。フィッシング詐欺の対策としては、サービス利用者の啓発に加え、フィッシングサイトに誘導される前に、誘導先となる不正サイトを消滅させる方法が有効とされており、RSA FraudActionは、その点でオンライン犯罪の被害発生、拡大防止に高い効果があるという。

 みなと銀行は、個人向けインターネットバンキングサービス「みなとインターネット」に加え、法人向けの「みなとビジネスWeb」「みなと外国為替WEB」を展開している。今回、インターネットバンキングのすべての利用者に安全性と利便性を兼ね備えたサービスを提供するために、RSA FraudActionを採用したとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]