編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

業務効率を向上させるiPad--小売、医療の事例

海上忍

2011-04-28 18:39

 より薄く、より軽くなった「iPad 2」の登場で、今後企業におけるiPadの導入が加速するものと予想される。ここでは、すでに導入され一定の評価を得ている導入事例を見てみよう。

リテールの現場で活躍する販促ツール

 ECサイトの構築やコンサルティングを得意とする五反田電子商事は、「ミライタッチ for iPad」を手がけている。小売店舗の店頭に置いて、商品説明やコーディネートのアシストをする一種の販売促進ツールだ。専用アプリ開発からASPサービスまでをカバーするため、ECサイト商品データベースのフロントエンドやデジタルサイネージなど、顧客のニーズに応じたオーダーメイド型のシステムを構築できるところが強みといえる。

 たとえば、アパレルの店舗であれば、トップスとボトムスの画像を自由に組み合わせる機能を持たせることで、実際に身につけたときのイメージを試着なしに顧客が確認できるツールとなる。商品写真帳をデータベース化して検索機能を持たせれば、在庫確認や売れ筋チェックなど店舗スタッフの強力な武器にもなりうる。

コーディネートの例を示すなど、iPadの画面サイズならではの販促ツールとして利用できる「ミライタッチ for iPad」(画像提供:五反田電子商事) コーディネートの例を示すなど、iPadの画面サイズならではの販促ツールとして利用できる「ミライタッチ for iPad」(画像提供:五反田電子商事)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]