編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

国内デスクトップ仮想化市場、シトリックスがトップ--IDC

富永恭子 (ロビンソン)

2011-07-06 17:55

 IDC Japanは7月6日、国内デスクトップ仮想化市場における主要なベンダー14社を評価分析し、その結果を発表した。

 今回の調査で国内デスクトップ仮想化市場のLeadersになったのは、シトリックス・システムズ(シトリックス)。「能力」「戦略」軸において「オファリング」「GMS(Go to Market Services)」「事業」を評価した結果、シトリックスは製品ポートフォリオ、ライセンス体系、成長戦略が他社より優れており、該当市場でナンバー1という評価になったとIDCは説明している。

 IDC Japan PC、携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの渋谷寛氏は、「2010年は、国内デスクトップ仮想化の需要が飛躍的に高まり、導入が進んだ1年となった。ユーザー企業では投資対効果の向上、ITリソースの効率化という利点が評価されている。シトリックス、ヴイエムウェア、NECが国内デスクトップ仮想化市場を牽引してきたが、今後は、新たに外資系デスクトップ仮想化専業ベンダーが加わる。デスクトップ仮想化ベンダーの増加によって選択肢が増え、特に中堅中小企業へのDaaS(Desktop as a Service)ビジネスの拡大に寄与するとみている」とコメントしている。

 今回の調査では、ベンダー競合分析フレームワークの「IDC MarketScape」を用いて評価分析を行ったという。このフレームワークを適用して分析するのは、国内市場では初とのことだ。

 IDC MarketScapeは、特定市場におけるベンダーの競争力の適応度を「能力(実績)」と「戦略(将来性)」の2軸を基準に、定量的および定性的に評価するフレームワーク。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]