編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

SNS:面識ある友人からのメッセージは2人に1人がURLを気にせずにクリック

吉澤亨史

2011-08-23 16:15

 TwitterやFacebook、mixiといったSNSで、友人からのメッセージにURLが含まれていたら、あなたはどんなアクションを起こすだろうか。トレンドマイクロの調査によると、送信元の人物との関係性が深いほど、ためらいなくリンクをクリックする傾向が強く、オフラインで面識のある人物からのメッセージであれば約半数が特に気にせずクリックするという。

 SNS利用率は、Twitterが48.2%、Facebookが29.8%、mixiが46.8%。面識ある友人や知人からのメッセージは46.7%が「特に気にせずクリックする」に同意しており、オンラインのみの友人や知人からのメッセージに比べ、同意する率が30%以上高い結果となった。

 どんなメッセージでも「特に気にせずクリックする」の同意は4.7%と低く、「やや同意しない」「同意しない」の合計で83.3%となっている。面識ある人物からのメッセージに対する警戒心として、20~30代が40~50代に比べ疑いを持つことが少ない傾向が強いほか、性別ではやや女性の方が強い傾向が見られた。

 詐欺への誘導や添付ファイルが不正な恐れがあるメールに対して、多くのユーザーは警戒している一方で、友人や知人からのメッセージに対して安心感が強まることは自然な感情だが、ネット上の攻撃者はそのようなユーザーの心理的な隙を狙ってくる。トレンドマイクロは、SNSのようなコミュニケーションツールでも万一の被害を予防するために、少しでも不審なメッセージであれば即座にクリックせずに周囲に相談するなど慎重な行動が必要としている。

 調査は6月28~30日に、12歳以上の国内ネットユーザーを対象にウェブアンケートで実施した。有効回答数は618人となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]