編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

スマホセキュリティ:データ復旧で約半数が3000円以上払ってもいい

吉澤亨史

2011-09-12 14:18

 マカフィーは9月12日、「スマートフォン利用におけるセキュリティ意識」の調査結果を発表した。調査結果によると、スマートフォンユーザーの8割以上(84.9%)が、利用に際し何らかのセキュリティ上の不安を感じていることが明らかになった。一方、セキュリティに特に不安を感じないと答えたユーザーも15.1%おり、その内訳をみると男性(41.8%)より女性(58.2%)の方が不安を感じていない傾向が見られた。

 具体的なセキュリティ上の不安としては、1位が「ウイルスなどのマルウェア感染(57.3%)」、2位が「スマートフォンの紛失(47.7%)」、3位が「連絡先や写真データなどの個人情報の流出(41.1%)」が挙げられている。

図1 スマートフォン利用時のセキュリティ上の不安
※クリックすると拡大画像が見られます

 スマートフォンの利用で約6人に1人(17.5%)が実際にセキュリティ上の問題に遭遇したと回答しており、その内容は迷惑電話やメールなどの着信や受信(9.9%)が最も多かった。少数派ではあるが、マルウェア感染(2.7%)や不正なサイトへのアクセス、フィッシング詐欺など(合算で2.1%)の被害もあった。

 スマートフォンが見当たらず紛失が疑われる場合、8割以上(81.2%)のユーザーが1時間以内で不安に感じており、3人に1人以上(36.4%)は、わずか10分以内で不安に思うことが明らかになった。ユーザーが不安を感じるまでの平均時間は約1時間半(91.4分)であり、男性(99.7分)よりも女性(83.1分)の方が15分程度短いことが判明している。

 何らかのセキュリティ侵害でスマートフォンのデータを紛失してしまった場合は、約半数(46.7%)のユーザーがデータを復旧できるのであれば3000円以上支払うと答えており、約1割(8.1%)のユーザーは、1万円以上支払っても良いと考えていることが明らかになっている。平均金額は男性の方が女性よりも1000円以上高かった。

図2 スマートフォン向けセキュリティアプリに求める機能
※クリックすると拡大画像が見られます

 スマートフォンには何らかのセキュリティ機能が必要だと考えているユーザーは約9割(87.5%)に上り、スマートフォン向けのセキュリティアプリに求める機能としては、1位が「ウイルス対策(67.3%)」、2位が「データのバックアップ(37.8%)」、3位が「データのリストア(27.8%)」となった。一方で、「ウェブフィルタリング(5.2%)」「リモートワイプ(6.3%)」「ウェブプロテクション(6.7%)」などの機能に対しては、あまり必要性を感じていない状況であった。

 調査は8月29~30日、日本国内に住む10~60代のスマートフォンユーザーを対象にネットリサーチで実施した。有効回答数は730人(男性365人、女性365人)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]