SAS、分析プラットフォームの最新版を提供開始--ビッグデータへの対応強化

柴田克己 2011年09月14日 18時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAS Institute Japan(SASジャパン)は9月14日、分析プラットフォームの最新版となる「SAS 9.3」の国内での提供を開始したと発表した。

 データ管理、分析、レポーティングといった、あらゆるビジネス分析ソリューションのベースとなるプラットフォーム部分の機能強化となるが、SASジャパン、ビジネス開発本部長兼プロフェッショナルサービス本部長の宮田靖氏は、今回のバージョンアップの特長として、いわゆる「ビックデータ」への対応を強化している点に言及した。

 近年のハードウェア性能の向上、コストの低下、さらにはセンサやモバイル端末といった機器の爆発的な普及により、そこで生み出され、蓄積されるデータの量や種類は拡大した。これに伴って、ビジネスアナリティクスの分野では、分析対象とすべきデータの増大、データの種類の多様化、分析時間短縮のニーズ、分析手法やアルゴリズムの複雑化への対応といった課題が出てきているという。新バージョンでは、これらの課題に対応していくための機能を整えているとする。

SASジャパン、ビジネス開発本部長兼プロフェッショナルサービス本部長の宮田靖氏
SASジャパン、ビジネス開発本部長兼プロフェッショナルサービス本部長の宮田靖氏

 「ビッグデータは、集めて保存しておくだけでは意味がない。そこから効率よく必要なものを抽出し、分析し、体系化する“ビッグアナリティクス”が存在することで、初めて価値が生まれる」(宮田氏)

 SAS 9.3では、基本となるデータ管理、分析、レポーティングといったそれぞれの機能について、対応環境の拡大、機能拡張、より使いやすいユーザーインターフェースの提供といった強化を実施しているが、中でも膨大な量のデータへの対応という点において、処理の高速化やスケーラビリティの向上を目指した取り組みを行っているという。

SAS 9.3ではビッグデータ対応を念頭においた各機能の拡張や強化が行われている※クリックで拡大画像を表示 SAS 9.3ではビッグデータ対応を念頭においた各機能の拡張や強化が行われている※クリックで拡大画像を表示

 SASジャパン、ビジネス開発本部プラットフォームグループ部長の芝裕一氏は、「SAS Scalability&Performance戦略」として、処理の高速化や分散技術への対応に向けたロードマップを紹介した。

 SAS 9.3では、全対応プラットフォームにおいて、ベースとなるSAS処理エンジンを最新のOSへ最適化したほか、SAS/ORにおける計算処理速度の向上、BIダッシュボードツールのパフォーマンス向上が行われている。さらに、分散コンピューティングのパワーをSAS上で活用するために、「SAS Grid Computing」「SAS In-Database」「SAS In-Memory Analytics」といった技術を提供するという。

 Grid ComputingおよびIn-Databaseは、既に提供が開始されている。前者は分析処理を分散環境で行う技術、後者はこれまでSAS側で実行していたプロシージャやモデリング、スコアリングなどの処理をSQL/UDFに変換しデータベース内で実行することで高速化を図るものだ。

SASジャパン、ビジネス開発本部プラットフォームグループ部長の芝裕一氏
SASジャパン、ビジネス開発本部プラットフォームグループ部長の芝裕一氏

 In-Memory Analyticsは、SMP(Symmetric Multiprocessing)およびMPP(Massively Parallel Processing)環境上での実行に対応したプロシージャとして提供されるもの。分散環境に存在するそれぞれのノードに対してインメモリでの分析、実行の指示を行い、最終結果の収集を行える。これによりI/O負荷がより低く、高速な分析が可能になるとする。芝氏によれば、「米国のある大手小売業者では、2000店舗、約3万品目にわたる価格最適化分析にアーリーアダプタとしてIn-Memory Analyticsを利用しており、従来5時間半かかっていた処理が約20分にまで短縮したという事例がある」という。この機能は、2011年第4四半期に正式にリリースされる予定だ。

 宮田氏は、SASのメリットとして、「買収によらないソリューションラインアップの拡充」を挙げた。「SASでは、ビジネスアナリティクスに必要となるプロセスを自社で開発し、強化していくというプロセスを創業以来とってきた。これにより、買収を繰り返して必要なパーツをそろえるという他のベンダーのソリューションに比べ、より統合度の高いプラットフォームを提供できる」と、その強みを強調した。

「SAS In-Memory Analytics」は、2011年第4四半期にリリースされる予定だ※クリックで拡大画像を表示
「SAS In-Memory Analytics」は、2011年第4四半期にリリースされる予定だ※クリックで拡大画像を表示

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算