相次ぐDDoS、標的型攻撃--その目的と手法を知る

ZDNET Japan Staff

2011-09-20 11:55

【ラウンドアップ】

 特定の企業や公共機関を対象とした「標的型攻撃」が注目を集めている。情報システムに対する攻撃を受けると情報資産の流出が懸念されるばかりでなく、事業活動の信頼性にも影を落とすことが考えられる。

 特定のサービスの妨害を意図した攻撃は以前から存在し、DoS(サービス妨害攻撃)はその代表的な例だ。攻撃側のシステムを大規模化したDDoS(分散DoS)による被害が多数報じられるようになった。

 本稿では、こうした特定の企業や組織を対象としたサイバー攻撃ととりうる防護策を取り上げた記事を紹介する。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]