編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NEC、大企業向け新BIソリューションを発表--ウイングアークとの協業成果

ZDNet Japan Staff

2011-10-21 12:06

 NECは10月21日、ウイングアークテクノロジーズと共同開発したビジネスインテリジェンス(BI)製品「InfoFrame Dr.Sum EA Ver.4」とNEC製サーバを組み合わせた大企業向けの新ソリューションを発表した。同日から販売する。

 両社は、InfoFrame Dr.Sum EA Ver.4とNEC製サーバなどを組み合わせ、共同で性能を検証。その結果、従業員数5000人以上の大規模ユーザーや、10億件以上の大容量データを保持するユーザーに最適なパフォーマンスを実現できることを実証したという。これにより、従来Dr.Sum EAの導入が進んでいた中堅・中小企業だけでなく、大企業向けソリューションのラインナップを拡充することとなった。

 最小構成時の価格は、蓄積可能なデータが1億件以上の大企業モデルで1600万円から(税抜)。最小構成はソフトウェアが「InfoFrame Dr.Sum EA Premium Plus」「同Enterprise Ver.4」、サーバがExpress5800 R120b-2を2台、ストレージがiStorageD1-30。10月31日に出荷を開始する。

 蓄積可能なデータ件数が2000万件からの中堅・中小企業モデルは450万円から(税抜)。最小構成は、ソフトウェアがInfoFrame Dr.Sum EA Premium Ver.4、サーバがExpress5800 R120b-2。10月31日に出荷を開始する。

 Dr.Sum EAは、企業内のデータを統合し、集計、分析、レポーティングするためのソフトウェア。処理すべきデータ量が比較的少ない中堅・中小企業や、大企業の部門単位でのBIシステムを中心に導入が進んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]