編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

日本テラデータ、買収した非構造化データ分析の「Aster」を国内で販売へ

怒賀新也 (編集部)

2012-03-09 18:09

 日本テラデータは3月9日、事業戦略を説明する記者ブリーフィングを開催し、2011年3月に買収した非構造化データの分析ソフトウェア「Teradata Aster」の販売を年内に開始することを明らかにした。

 Teradata Asterは、グラフやテキストなどのいわゆる非構造化データを分析し、ビジネスに有益な情報を引き出すためのソフトウェア。さらに、非構造化データをデータウェアハウス(DWH)内で構造化データと統合して利用することもできる。最高技術責任者(CTO)を務めるStephen Brobst氏によれば、携帯電話などの通信会社を運営する企業などでの利用が想定できるという。

 例えば、さまざまなデータを分析することで、ある組織の中で「Joe」という人がコミュニケーション上重要な役割を担っていることが分かる。この情報により、通信会社は「Joeを自社回線から解約させると、Joeと連絡を取る多くの人間が解約してしまう可能性がある」といったことを察知できるため、事前に何らかの手を打てるようになるといったイメージだ。

 RDBなどの構造化データだけでなく、非構造化データを含めた大量データを分析してビジネスチャンスを見つける、いわゆる「ビッグデータ」の潮流をとらえるため、TeradataはAsterを中核製品として位置づけている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]