編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「20年以上ビッグデータに取り組んできた」--DWH専業の意地を見せるテラデータの底力(前編)

聞き手・構成=田中好伸 (編集部) 文=吉澤亨史

2011-08-08 08:00

 企業向け情報システムの世界で2010年以降、注目されているのが“Big Data(ビッグデータ)”だ。2010年10月に開催された「Teradata PARTNERS 2010」というイベントの中で、データウェアハウス(DWH)専業企業Teradataのエグゼクティブバイスプレジデント、Darryl McDonald氏はビッグデータの可能性について「データの中にある価値を見つけられる企業は競争優位性を創造できる」と説明している。

 ビッグデータを端的に説明するならば、システムが処理するデータが爆発的に増加しているという状況だ。統合基幹業務システム(ERP)や顧客情報管理システム(CRM)などのデータベースに蓄積される構造化データ、企業内の文書類はもちろんのこと、iPhoneなどのスマートフォンからのデータ、GPSによる位置情報、RFIDから出される情報、センサから発信される情報、TwitterやFacebookなどのつぶやき――。ありとあらゆるデータが企業内外に溢れかえっているのである。

 こうしたデータを分析するのがビジネスインテリジェンス(BI)であり、対象となるデータを貯め込む場所としてデータウェアハウス(DWH)がある。DWH専業企業として業界の老舗であり、巨人と言えるのがTeradataだ。

 同社は2010年11月に記録装置としてハードディスクドライブ(HDD)ではなく、すべてソリッドステートドライブ(SSD)を組み込んだDWHアプライアンス「Teradata Extreme Performance Appliance(EPA)4600」を提供する一方で、HDDとSSDを併用するDWH「Teradata Active Enterprise Data Warehouse(ADW)6650/6680」を今年5月から提供している。

 DWH分野は、ユーザー企業から性能向上を常に求められている。ビッグデータが常識となった現在、その声は日に日に高まっている。その解決策としてTeradataは、フルSSDのEPA 4600を提供しており、より経済的な解決策としてADW 6650/6680も提供している。ADW 6650/6680では、頻繁にアクセスされる“ホットデータ”をSSDに、ほとんどアクセスされない“コールドデータ”をHDDに格納するという仕組みを活用して、DWHの経済性を高めようとしている。データの“温度”に注目するのは、 長年DWHを開発し、DWHの使われ方も見ているからといえる。

 TeradataでADWなどに携わるプログラムマネジャーのDaniel Graham氏にビッグデータやDWHを取り巻く状況などを聞いた。そこから浮かび上がってくるのは、DWH専業企業としての底力だ。

1984年以来ビッグデータのビジネスを展開

写真 2006年にTeradataに入社しているDaniel Graham氏

――まず「ビッグデータ」という言葉についてうかがいます。ビッグデータは以前の「Web 2.0」のようにマーケティング上のバズワードという印象があるのですが、米国ではどうとらえられているのでしょうか。

 確かに一部ではそういう印象があります。米国でも言葉自体に混乱があって、企業ごとに独自の解釈をしている状況です。ただ、そこに課題があるということは共通の認識です。課題というのはシステムの拡張性や、新しい種類のRAWデータ、つまり簡単には構造化できない生のデータがあるということです。

――ビッグデータが意味するところは「既存のリレーショナルデータベースを中心にしたシステムでは処理しきれないデータ」と考えることができます。そのことについてはどのように考えていますか。

 その通りだと思います。ビッグデータは、ハードウェアやソフトウェアといった環境がビッグデータに食われてしまい、性能に影響します。これはコンピュータの大きさの問題ではなく、むしろデータが大きすぎて処理しきれない事態になっているということです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]