編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

シトリックス、仮想化基盤をオールインワン導入できるソフトを4月提供

田中好伸 (編集部)

2012-03-29 12:54

 シトリックス・システムズ・ジャパンは3月29日、中堅中小企業向けにオールインワンでデスクトップ仮想化基盤(VDI)を導入できる仮想アプライアンス「Citrix VDI-in-a-Box」を4月2日から提供すると発表した。

 VDI-in-a-Boxは、IAサーバで稼働する「Citrix XenServer」「Microsoft Hyper-V」「VMware ESX/vSphere」のハイパーバイザ上に導入する。ハイエンドのサーバや共有ストレージは不要。VDIに必要なディスクリソース、デスクトップ配信機能、管理機能などすべてのテクノロジが包含されているという。管理サーバや負荷分散装置などが不要であり、従来のVDI製品に比べて、約60%のコスト削減が可能という。

 VDI-in-a-Boxは、システムの集中管理が可能なことから、デスクトップの管理やメンテナンスにかかるコストを80%削減できるとしている。マスタイメージに対してアップグレードやパッチ適用を一度実行するだけで、すべての仮想デスクトップに適用できる。Windows管理者によってすべて管理でき、ネットワークや仮想化、ストレージの専門知識は不要という。

 PCの平均価格を7万5000円として、VDI-in-a-Boxを導入して仮想デスクトップ50台を導入すると、仮想デスクトップ1台あたりのコストは5万6000円程度と試算している。VDI-in-a-Boxのライセンスとサーバやストレージ、Microsoftの仮想化デスクトップ向けライセンス(VDA)の合計280万円で試算している。Citrix2011年5月にKavizaを買収、VDI-in-a-Boxはその成果が含まれている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]