日本NCR、SIPのコンタクトセンターパッケージ販売--武蔵野銀行が採用

田中好伸 (編集部)

2012-05-18 17:14

 日本NCRは5月18日、コンタクトセンターに必要な機能を従来の半分の期間で導入できる「NCRオールインワンSIPコンタクトセンター・パッケージ」の販売を開始した。武蔵野銀行(さいたま市)が採用を決定している。

 今回のパッケージは100席以下の中小規模のコンタクトセンターを対象にしている。価格は30席程度で必要なハードウェアやソフトウェアを含めてカスタマイズなしで3000万円から。

 SIP(Session Initiation Protocol)サーバを中心に、自動呼分配(ACD)や自動音声応答(IVR)、コンピュータアプリケーション連携(CTI)、呼量統計、通話録音などの機能を標準で提供する。IVRのコールフローやカレンダー設定を独自に変更、管理できるGUIを実装している。

 パッケージは、顧客情報管理(CRM)アプリケーションとして「Microsoft Dynamics CRM 2011」を採用。日本NCRのCTI制御ソフトウェア「NKS」と連携させている。電話の呼制御を行い、顧客サポートが必要なインバウンド業務、キャンペーンなどを案内するアウトバウンド業務を効率よくこなすことができるという。

 自社内運用(オンプレミス)とSaaS型を選択できる。導入後にオンプレミスからSaaS、SaaSからオンプレミスへの変更も可能としている。冗長構成やサーバ仮想化にも対応できるという。

 日本NCRは金融機関を中心に多くの業種に販売していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]