日商エレ、米Infinetaと代理店契約--10Gbpsまでの広帯域WAN最適化装置

田中好伸 (編集部)

2012-06-19 17:25

 日商エレクトロニクスは6月19日、WAN最適化装置を提供する米Infineta Systemsと代理店契約を結んだことを発表した。契約は5月に締結。国内初と説明する。

 Infinetaが提供するWAN最適化装置「Data Mobility Switch(DMS)」は、10Gbpsまでの広帯域トラフィックを最適化でき、データセンター間のアプリケーションなどに最適なアプライアンスとしている。

 従来のWAN高速化装置は、大企業の本社と支社の間を結んで、サーバとエンドユーザーの間でセッション数が1万を超えるような個所に適用され、アプリケーションレベルでの高速化を図るのが一般的だ。

 Infineta DMSは、データセンター間でストレージのバックアップやレプリケーションなどセッション数は少なくてもセッションごとに太い帯域が必要とされる10Gbpsの広帯域WANに適しており、TCPレベルでトラフィックを最適化できると説明する。重複排除や圧縮の技術で、平均してトラフィック量を80~90%削減できるという。

 対応するトラフィック量で4つのモデルで構成される。それぞれの参考価格は1Gbpsで1000万円、2Gbpsで1500万円、5Gbpsで2500万円、10Gbpsで4000万円としている。

 クラウドや災害復旧(DR)などの需要で、今後トラフィックが増大すると考えられるデータセンター間ネットワークや遅延が大きくなる海外との通信で、コスト効率よく体感速度を改善できることから、クラウドサービス事業者やユーザー企業などに最適な製品としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]