編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

講談社、5億件を分析処理するBIシステムを刷新

ZDNet Japan Staff

2012-07-02 15:41

 講談社が、売り上げや在庫情報などを分析するデータウェアハウス(DWH)およびビジネスインテリジェンス(BI)システムを刷新したことが分かった。基幹業務に含まれる5億件のデータ分析処理の速度を、従来の5倍高速化したとしている。システムを提供した日本マイクロソフトと日本ヒューレット・パッカード(日本HP)が7月2日に発表した。

 講談社は取り扱い商品点数が多く、販売チャネルも多岐にわたるため、処理対象となる売り上げデータは5億件に上るという。そこでシステム基盤を選択する際に重視した点は「パフォーマンス」と「コスト」。日本HPと日本マイクロソフトが実データでの実機検証をし、処理速度を従来の5倍にできることを確認した。講談社のシステム部の部長を務める伊藤光氏は「価格は他社のアプライアンス製品に対して4分の1程度だった」としている。

 伊藤氏は発表文の中で「基盤の刷新後は処理時間短縮によって、空いた時間、空いたシステムリソースを広範囲のデータ蓄積や高度な集計処理に振り分け、より本質的なデータ活用が可能になる」とコメントしている。

 今回、DWHおよびBIシステムとして採用したのは日本マイクロソフトの「Microsoft SQL Server 2012」と日本HPの「HP ProLiant DL980 G7 + HP VMA3205 5TB SLC メモリーアレイ」。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]