編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

武雄市、FacebookとGoogle Apps連携--スマホからもメールなど利用可能に

田中好伸 (編集部)

2012-07-09 12:26

 佐賀県武雄市はFacebookとGoogle Appsを連携させ、市役所内のスケジュール管理や施設予約などの機能を追加、7月2日から利用を開始した。構築を支援したグルージェントが7月9日に発表した。

 武雄市は充実した市民サービスの提供を目的に、2011年に従来のウェブサイトから切り替える形でFacebookを導入。市職員390人全員がFacebookのアカウントを持ち、市民もFacebookのアカウントを取得すれば、武雄市と市民が情報を共有できるようにしている。

 今回、FacebookとGoogle Appsを連携させることで、職員は市役所に設置されたPCだけでなく、iPhoneなどのスマートフォンからでもGoogle Appsのメールやカレンダー、ドキュメント共有(Google Drive)を利用できるようになっている。

 Google Appsのカレンダー機能を利用したスケジュール管理機能や施設予約機能を追加したほか、ファイル管理機能やメール機能も利用できるようになっている。武雄市職員が武雄市のFacebookにログインすれば、Google Apps利用時に再度ログインする必要のないシングルサインオン機能も追加されている。

画面2

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]