編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

キョーリン製薬、Google Appsで医療情報担当者のワークスタイルを改善

田中好伸 (編集部)

2012-05-09 15:33

 キョーリン製薬ホールディングスは2011年にSaaS「Google Apps」を導入して医療情報担当者(MR)のワークスタイルを改善するとともにコストを削減している。導入を支援したサイオステクノロジーが5月9日に発表した。

 キョーリン製薬ホールディングスは2009年の春から既存グループウェアが抱えるOSの問題やメールの不具合を解消した上で、業務効率の向上、利便性、高いセキュリティを担保するシステムへの移行を検討。2011年にGoogle Appsを導入している。Google Appsをメールシステムとグループウェアとして利用している。利用アカウント数は約2600となっている。

 Google Appsを導入したことで約750人のMRが社外で業務をこなせるようになっている。加えて、外部との送受信メールのログ取得、情報漏洩防止のための送受信メールの暗号化も含まれており、クラウド移行でのセキュリティの不安を解消できているという。

 サイオスのサポートで、Google Appsのスムーズな運用が可能になったとしている。導入コストは、既存のグループウェアのバージョンアップと比較して、約50~70%のコストダウンになっていると説明している。

 同社はGoogle Appsでシステムのグローバル化や災害時の事業継続対策も実現できたという。今後は情報を共有できる「Googleドキュメント」や「Google Sites」を活用して、新しいワークスタイルの構築を検討していく。加えてタブレット端末を導入することでモバイル化を進め、一層の業務効率向上を目指していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]