編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

医療法人白十字会、オラクルのBI製品で医療情報のDWHシステムを構築

ZDNet Japan Staff

2010-07-07 17:18

 日本オラクルは7月7日、長崎県佐世保市の医療法人財団白十字会(白十字会)が、同社のビジネスインテリジェンス(BI)製品「Oracle Business Intelligence Suite Enterprise Edition Plus」(以下、Oracle BI Suite EE Plus)を活用して医療情報データウェアハウス(DWH)システムを構築し、稼働を開始したと発表した。システムインテグレーションは、新日鉄ソリューションズが担当している。

 白十字会は、佐世保中央病院や白十字病院、燿光リハビリテーション病院など長崎県北部と福岡市で多数の医療・介護施設を運営している。同法人では、IT活用による医療の品質向上と効率化の取り組みの一つとして、独自開発した電子カルテシステム「HOMES: Hakujyujikai Organizing Health and Medical Information Enterprising System (ホームズ)」、医事会計システム、オーダリングシステムなど、5つのシステムを連携。各システムに蓄積した情報を有効活用し、医師を始めとする職員の研究支援や病院経営の効率化を目指した。

 白十字会では、2008年夏にOracle BI Suite EE Plusの採用を決定。2009年2月に新医療情報DWHシステム「HOMES BI(ホームズ・ビーアイ)」の構築を開始した。採用にあたっては、オラクル製品の豊富な実績や機能に加え、既存システムや新たに構築する「HOMES BI」で利用を予定するオラクルのデータベース製品との連携や運用、保守における高い親和性が評価されたとしている。

 白十字会では現在、職種ごとにアクセス権限を設定し、経営企画統括本部など20部門の約150人が新医療情報DWHシステムを活用し、医師の研究支援や患者別や疾患別の原価計算を行っている。今後は法人内の病院、介護施設の予実データの可視化を行っていく予定という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]