編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本技芸、Chatter連携のスケジューラ--案件の活動履歴が自動登録

田中好伸 (編集部)

2012-08-20 16:33

 日本技芸は8月20日、PaaS「Force.com」で開発した「rakumoソーシャルスケジューラー」の販売を開始した。1ユーザー月額945円で利用できる。米Salesforce.comとの資本業務提携の成果になる。

 rakumoソーシャルスケジューラーは、グループカレンダーや設備予約、空き時間検索といったスケジューラ機能をコラボレーションソフトウェア「Salesforce Chatter」と連携させることで、スケジュール管理アプリケーションとして全社規模で活用。予定を登録するだけで企業内や組織内のコミュニケーションを活性化させる仕組みを搭載しているとメリットを説明している。

 Force.com Enterprise Edition相当の環境にグループスケジューラやChatter連携機能を組み込んであり、グループスケジューラの基本機能であるグループビューやタブ切り替え、空き時間検索、繰り返し予定の登録、非公開設定を搭載。加えて、顔写真の表示、Salesforce標準のカレンダーでは管理が難しかった設備予約なども一元的に行える。

 Chatterとの連携では、部下や同僚の行動予定をフォローできる。マネジャーがグループのアクションをフォローすることで、適切なタイミングでChatterでアドバイスしたり、チームで商談に対応する際の予定確認などにも活用できる。部署間でのコミュニケーションを促進することも可能という。今後は、会議室の予定を総務部門がフォローすることで来客予定を把握、Chatterでつぶやくことで設備の空き状況を確認するといった機能を計画している。

 rakumoソーシャルスケジューラーでは、登録する予定とSalesforceのデータである取引先責任者や商談といった情報を紐付けることもできる。例えば、訪問予定と案件を紐付けられ、訪問予定が案件の活動履歴に自動で登録されることで、個々の案件に誰がどのようなアクションを取ったのか、簡単に管理できるとメリットを説明している。

画面 Chatterで部下や同僚の働きが分かる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]