編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

オラクル、テープライブラリ新製品--階層型ストレージで経済性を追求

田中好伸 (編集部)

2012-08-30 14:52

 日本オラクルは8月30日、テープライブラリの新製品「StorageTek SL150 Moduler Tapge Library」の販売を開始した。最小構成の税別価格は63万4022円。企業のアーカイブやデータ保護環境の構築に最適という。

 SL150は、磁気テープ記憶装置の規格「Linear Tape-Open」の最新版「LTO-5」に準拠。1巻あたり1.5Tバイトの容量を格納できるハーフハイトサイズの「StorageTek LTO 5 Tape Drive」を挿入するスロットを30から、最大300まで増やすことができる。搭載できるテープドライブの数は20まで。非圧縮時で450Tバイト、圧縮時で900Tバイトまで容量を拡張できる。

写真1 StorageTek SL150

 設置面積や拡張する際の設備投資コストを削減できるとメリットを強調する。SL150は同等の他社テープライブラリ製品に比べ、40%程度の省スペース、容量を拡張する際のコストは最大75%削減できるという。

 導入する際の初期設定は、筐体に搭載されているタッチパネルスクリーンから数回の操作で完了するという。特別なツールや複雑な配線作業、技術サポートは必要ないと説明。USBを介して追加のテープドライブを自動検知するため、容量拡張も簡単、迅速に展開できるとメリットを強調している。

 管理機能は直感的なユーザーインターフェースを採用して、リモートでも操作できるようになっている。ライブラリの設定と管理、状態のモニタをブラウザベースの管理ツールで実行できる。

 今回のSL150は、同社のテープライブラリ製品のエントリモデルになる。ハイエンドのSL8500はスロットが1448~10万880、テープドライブを640まで搭載でき、データ圧縮時で最大1.1エクサバイト保存できる。SL150とSL8500の中間に位置付けられるSL3000は、スロットが205~5925、56ドライブまで搭載でき、データ圧縮時で最大64Pバイトまで保存できる。

写真2 SL150のテープを収納するスロット

 オラクルは、テープライブラリについて“階層型ストレージ”を構成するものと説明。階層型ストレージは、データ量やアクセス頻度、磁器などに応じて格納するストレージを使い分けることで、コストの最適化を図ろうというものだ。

 オラクルの説明によると、高速ディスクだけの場合、1Pバイトあたり1350万ドル、高速ディスクと中低速ディスクを組み合わせた場合、1Pバイトあたり1100万ドル、フラッシュメモリとディスクとテープを組み合わせた階層型ストレージだと1Pバイトあたり70万ドルという。

 これは、テープが1Gバイトあたりの単価が10~20セントだからだ。テープを組み入れた階層型ストレージで、経済性を高められると、そのメリットを強調している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]