編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
大河原克行のエンプラ徒然

鴻海との交渉決裂も視野に入れ始めたシャープ

大河原克行

2012-09-12 08:00


 シャープは、鴻海グループから出資が得られなかった際の経営再建策について、一部検討を行っていることを明らかにした。

 同社では「具体的に想定しているわけではない」としているものの、「2013年度までのP/L、B/S、CFに関して検証を行っており、可能な限りの経費削減や、不要な資産の処分および現金化を検討している。そのなかで、鴻海グループからの出資の時期についても、リスク要因として考慮することが必要だと考えている」とした。

 また、再建策については、シャープが主体となり専門家とともに検証を進めている段階だという。

堺工場の操業率は8割まで回復

 同社によると、2012年度第1四半期の最終損益が1400億の赤字になったのに続き、第2四半期には700億円の赤字、さらに下期には400億の赤字を想定しているが、これにはリストラ費用を含んでいる。「リストラ費用を除けば黒字になる。この部分をさらに検証している段階にあり、さらに銀行からの借入金を圧縮するための自助努力とともに、事業計画の確かさを第三者に検証してもらい、それを銀行に説明する義務がある」などとしている。

 シャープでは、下期に営業黒字化を見込んでいる。SDP(堺ディスプレイプロダクト)の協業が貢献するほか、複写機や白物家電事業、電子デバイスや携帯電話も黒字になると見込む。赤字の液晶事業においても、中小型液晶が黒字化する見込みだという。

 新たな再建策の公表については、検証と修正を繰り返すなかで、必要に応じて公表する姿勢を示す一方、「銀行からの融資に向けて、9月中には結論を出したい」とも語っている。

21世紀型コンビナートを謳う堺工場 21世紀型コンビナートを謳う堺工場
※クリックで拡大画像を表示

 大型液晶パネル生産を行っている堺工場は、第1四半期には操業率が3割にまで下がっていたが、これが今年7月から鴻海グループと共同運営となったことで、鴻海グループからの注文を含め、操業率が8割程度にまで回復したという。

 また、「自力でラインを埋めていく」とする中小型液晶については、IGZO液晶の販売拡大に力を注ぎ、「低消費電力や狭額縁といった特徴を生かし、ウルトラブックなどでの受注を加速したい。だが、今後、OSがこなれる必要とともに画像を駆動するチップが必要であり、2012年第4四半期からすべてが揃うことになる。そこから、ビジネスチャンスが広がる。来期の課題は次世代のPCにおいて、IGZOの特徴を発揮することに尽きる」とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]