社長交代のソニー、パナソニック、シャープ--新社長の共通点は

大河原克行 2012年03月21日 14時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月2日にソニー、2月28日にパナソニック、3月14日にシャープと、わずか1カ月半の間に電機大手3社の社長交代が発表されるとは、多くの人が考えてはいなかっただろう。

 ソニーは、ハワード・ストリンガー最高経営責任者(CEO)が3月31日付けでCEOを退任し、6月には代表執行役会長を退任して取締役会議長に就任。平井一夫副社長が4月1日付けで代表執行役社長兼CEOに就任する社長人事を発表。パナソニックは、6月27日付けで大坪文雄代表取締役社長が代表取締役会長に就任。津賀一宏代表取締役専務が代表取締役社長に就任すると発表。また、シャープは、片山幹雄代表取締役社長が、4月1日付けで代表権がない取締役会長に就任し、奥田隆司常務執行役員が社長に就任。6月開催の定時株主総会および取締役会を経て代表取締役社長に就任する。

  • ソニーのハワード・ストリンガー代表執行役会長兼CEO(右)と平井一夫副社長※クリックで拡大画像を表示

 業界筋では、長期政権となっていたソニーの社長交代は予想されていたものの、パナソニックの社長交代については、年明けにも大坪社長が続投への意欲を見せていたことから微妙な線で捉えられていた。だが、創業者である松下幸之助氏が社長を退いた66歳を超えての社長経験者がパナソニックにはいないという不文律に照らし合わせると、今年66歳の大坪社長の続投はないという見方が根強く残っていたのも事実だ。

  • シャープ代表取締役社長の片山幹雄氏と奥田隆司常務執行役員※クリックで拡大画像を表示

 一方、シャープは、ほぼノーマークのなかでの社長交代だ。社長を退く片山氏の54歳という年齢は、前任の町田勝彦氏が社長に就任した年齢と同じ。長期政権が前提となっているシャープの社風からしても、しばらくは片山社長体制が続くとみられていた。この予想を覆したばかりか、奥田次期社長は58歳と、若返りとは逆の道を歩むことになる点も驚きだ。

 ソニーの平井次期社長は交代会見のなかで、新体制のマネジメント方針や、4つの重点施策を明確に示した。これに対して、パナソニックの津賀一宏次期社長は「エコ&スマート」という新たな言葉を提示したものの、具体的な方針には言及しないまま。シャープに至っては、奥田隆司次期社長が「事業戦略、財務戦略については、改めて公表する場を設ける」としており、これらのコメントからも各社の社長人事への経緯が推測できるともいえる。

 3社に共通しているのは、いずれも2011年度業績見通しで大幅な最終赤字を計上するという点だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算